栂池〜横前倉山

栂池〜フスブリ山〜風吹岳〜横前倉山〜来馬温泉

2010.2.14

1907m

ほんの一ヶ月前にこわ〜い思いをしたのに、いつもの私の悪い癖で「過ぎてしまえば楽しかった!!」と
なるわけで・・・(笑) またまた怖いもん見たさで、山スキーの達人junさんに着いて来ちゃいました(>_<)
前夜から体調悪かったのに決行・・・それが最後にヘッデンとなる原因になってしまいました。反省・・・

というわけで、栂池ゴンドラでそこから天狗原へ。もうその時点で体調は最悪。
それでも行きたい一心でjunさんの後姿を追います。出だしからかなりお待たせしてしまいました。
天狗原からツアーコースに入ると気持ちのいい景色になります。来て良かった〜〜\(^o^)/
しかしそれも甘かった、唐松沢からの登り返しがあり・・・かなり辛い。

途中まで昨日のトレースがあったのに、いつの間にか消えた。後に知ることになるが前日の遭難があり
それが彼らのトレースと思われます。
唐松沢から登り返し、しばらく違う方向へ進み向かってしまい、junさんの指示で修正m(__)m
まっ平に見える広大な雪原にフスブリ山のピークがある。今まで見たことがない景色、美しすぎる・・・
この真っ白な雪にバレンタインシュプールを描くんや〜〜というのは夢か幻か(^_^;)

フスブリ山からゆったりと滑る(あまり滑らないけど)ツアーコースの看板が・・・このまま行くと紙すき?
今日は風吹大池から横前倉山へ向かうので、またまた登り返します。
私はどのあたりで登り返すのかさっぱりわかりませんでしたがjunさんは「この辺りで登り返そう」と・・・
やはり慣れているというか、読図が出来ているんだろうなぁと私はただただ感心してしまいました。
広大な大池周辺は圧巻!それから小屋まで滑り降りて、風吹岳までまた登り返し。

風吹岳山頂、そこから横前倉山に向かおうとするが下は崖(^_^;) ここでjunさん、かなり悩む・・・
一旦スキー板を担いで下ろうとしたけど、何かあっては困るということで、安全策で戻ることにします。
リングワンダリング(輪形彷徨)もあったものの軌道修正。
小屋方向に戻り、急な斜面の登り返しがかなりキツかったけれど、junさんの判断に感謝ですm(__)m

何とか無事に登り返し、横前倉山の山頂へ。そこからやっとスキー滑降?!急がなくちゃ暗くなるよ!
junさんレポによると横前倉山北東斜面は超A級滑走ができるらしい・・・確かに下は見えんかった(>_<)
シュルンドがある、飛べ!急げ!何やっとるんじゃーー!と怒鳴られながら、必死のパッチ。
あのjunさんがまた鬼になっとるやん(激泣) そやけどもう足パンパンやし・・・早くったって無理やし・・・
けど降りるしかないもんな・・・迷惑かけんようにがんばらな!
こんな時もあまり焦らない私にjunさんの怒りは最高潮!? と・・・林道登り返し地点でヘッデンだった。
樹林帯の中、真っ暗闇を滑るのはメチャクチャ怖いが何とか無事にデポした車の所に到着!
ありがとうございましたm(__)m

わーい、白馬飯店でエビぷりぷりのチャーハン!そしてお風呂にも間に合った♪

さて・・・過ぎてしまえば楽しかった〜と言えるのは何日後か(^_^;)
こんな暢気な私ですが、またいつか必ずや復活できますように・・・・



最後にjunさん、ありがとうございました。ホンマにホンマに感謝ですm(__)m
またjunさんに着いて行ける様な体力つけておきます。
それとスキー上達まで何年かかるやろ・・・わかりませんが頑張ります。
GOTBACK!!絶対負けへんで〜〜(笑)