横岳西壁石尊稜

八ヶ岳

2010.1.30

真っ暗な美濃戸駐車場で身支度を整え出発する。久しぶりの岩登りに身が引き締まります。
AM7:45 赤岳鉱泉に到着、手早くテントを張り、必要な登攀道具をザックに入れ出発準備。
赤岳鉱泉から中山乗越の登山道脇から沢筋に入ります。最近入山の形跡はなく、いきなりのラッセル。
深いところは腰まで潜るような積雪があり、交代で進むも数歩歩いては潜り、足を引き抜くにも一苦労。

一つ目の沢を右岸沿いに進むと小同心ルンゼ。次の沢は三叉峰ルンゼへ。
石尊稜の取り付きはそれらを右に右に進みます。

正面に雪がついて真っ白な斜面が現れます。結構急登です。下部は雪がしっかりあり、歩きやすい。
上部草つきは雪が硬く、さらに急。ピッケルを刺してがんばる。
まだ冬の岩に慣れていないmayumiさんはビビッています。後ろからフォロー。
やや右上すると石尊稜の取り付きへ。厳しいラッセルでここまでかなり時間がかかりました。

最初は草つきのスラブから、見た目よりシビアな感じ・・・岩とアイゼンの擦れる音が久々に心地よい。
一旦灌木で切りさらに上部へ。一段下がった岩から右上するとロープの流れが悪く、難儀するのでここが
注意ポイント。

お隣の中山尾根からコールが聞こえてきます、1パーティ入っているのが見えます。
その向こうに見えるのが赤岳。

草つき斜面をガシガシ登る、ピッケルを刺し体を引き上げる場面が多々あり。
他の人のレポなどを見ていると大体がバイルを持っていて有効とある。確かにバイルの曲線がこういう
ところではかなり便利そうだけど、高価で手が出ない。今の短いピッケルで当分はガマンだな・・・

灌木帯を抜けると小さなテラスに出た。ここからの景色が最高\(^o^)/
赤岳と阿弥陀岳。

反対側は硫黄岳の稜線と蓼科方面。

さらに灌木のリッジを進む、左手には大同心と小同心などの岩稜帯ガ見えます。
ここが石尊稜の一番美しい所かな・・・トレースのない真っ白なスノーリッジをコンテで進む。

上部岩壁、かなり高度感があり気持ちのいい登り。狭い岩間を潜り、左に進みます。ここの斜面が微妙。
結構ビビリながら右寄りに上がります。登って来たルートを覗くと足がすくみます(^_^;)

最後に気持ちが途切れそうになりますが、踏ん張って稜線に出ます。
やったー!諦めずに頑張って良かったですね。
あとは地蔵尾根で行者小屋経由、赤岳鉱泉まで下ります。

この夜は意外に寒くなく、テントの中も快適でした。
明日は小同心、頑張りましょう・・・