&
池ノ谷乗越〜剣岳本峰(北方稜線)
19日 立山駅(6:30)---室堂(7:40)---別山乗越(9:20)---長次郎谷(11:20)---某岩場(14:00)
20日 某岩場(5:00)---X・Yのコル(5:30)---八ッ峰の頭(7:45 −7:55)---池ノ谷乗越(8:00)---
---三ノ窓(8:30)---チンネ取付(9:00−10:00)---チンネの頭(14:30−15:10)---
---池ノ谷乗越(15:45)---某岩場(16:30)
21日 某岩場(6:35)---池ノ谷乗越(7:40)---長次郎の頭(8:10)---剱岳本峰(9:10)---一服剱(昼食)---
---別山乗越(12:20)---室堂

2009.9.19〜20

剱岳八峰上半部縦走       &    チンネ左稜線

昨夜は登攀を済ませたクライマー達が数組、かなり遅い時間まで長次郎雪渓を下る声がしていた。
それが気になって時々外に出てヘッドランプの光を見ていましたが、大丈夫だったでしょうか。
それでも昨日の疲れはそれほど感じることなく、気持ちのいい朝を迎えました。
AM6:30 テントを撤収し、今日もまた長次郎雪渓を登り詰めます。さすがに荷が重く感じ辛い・・
池ノ谷乗越に到着すると北方稜線を縦走している2名が休憩していて、話を伺いました。

八ッ峰やチンネに別れを告げ、彼らと一緒に私たちも本峰目指して出発です。
チムニー状の壁はスタンスもしっかりあります、チムニー内でも直登でも大丈夫でしょう。
そこからはほとんど稜線上からあまり離れないように進むこと。ただし結構人が入っているので落石に
だけは注意したいものです。

ルートのほとんどが長次郎谷側、時々踏み跡が稜線の上に行くものもあり、行き詰ることもあります。
個々の技術とルートファインディングで見極めなくてはなりません。
実際に、古いスリングがぶら下がっていたけど、そこを降るのは違っていたり、池ノ谷側に登ってみると
行けないこともないが、いやらしい所もあって戻ることにしたり・・・踏み跡だけを信じて進むのは危険。
長次郎のコルから源次郎尾根、その下部にテントが見える。
ここまで来れば頂上まであとわずか。何だか沢山の人がいるみたい・・賑やか?!

AM9:10 剱岳山頂。写真を撮るにも人が多すぎて無理!座るところもないのですぐに下山 (^_^;)
まさに点の記の宣伝効果?ものすごい人でした。小屋から登ってくる人の列でどこも大渋滞。
カニのタテバイ・ヨコバイも待ち時間で疲れた〜登って来た人の話では、ここで3時間待ちだとか・・・
そして昨日ここで滑落事故があったという。ご冥福をお祈りいたします・・
私たちは反対方向なので、まだマシでしたが、登りの方々の行列は途切れることはありませんでした。
夕方までに帰れるのでしょうか・・足元もおぼつかない普段着で軽装の人も多く、心配になります。

渋滞から逃れ、行き交う人も少なくなったところで、早い昼食にしました。天気も良いし、最高 (^^♪
剣山荘には降りずに、クロユリのコルに上がり別山乗越に行く事にします。
踏み跡はありますが、ハイマツが覆いかぶさり、歩き辛いところも。剣御前のトラバース道に差し掛かると
以前通った時と登山道が変わっています。マーキングもしっかりあるけど、人はほとんど歩いていません。

別山乗越から雷鳥沢を下ると入山した二日前よりもかなり紅葉が進んでいて、綺麗でした。
室堂は人・人・人、でも時間が早かったせいか、思ったほど待ち時間も無くホッとしました。
そして疲れも感じないほど、気持ちは晴れ晴れ。ありがとうございました。

憧れのチンネ左稜線に行けて良かった・・感謝 m(__)m