メンバーは前夜発で立山入り、朝一で雄山〜別山経由で剱沢テント場の予定。
今回私はそれが出来ないために朝に家を出発。一人寂しく高速をブッ飛ばし、ケーブルとバスを乗り継ぐ
室堂 AM10:30 出発。 2〜3人用のテントとギア類でザックは15キロ・・重っ!
ガスで何にも見えないけれど幸い小雨、雷鳥沢をただただうつむいて登るのみ (>_<)
剱御前小屋 AM12:00 軒下は小屋で雨宿りする人達のザックがずらりと並んでいます、その隙間に
座って昼食にします。ポットの暖かいコーヒーが美味しい。壁にもたれて30分ほどのんびり・・寝てしまう
しばらくすると一瞬ガスが去り、剱岳の山頂が見え、急いでシャッターを押す。
さて・・そろそろみんながいる剱沢に降りようかな・・急ぐこともないのでのんびりと(^^♪
カラフルなテント場の中でやっとこさM氏のザックを見つけ、メンバーと合流。
持ってきたテントを設営して、リラックスタイム♪久しぶりにみんなに会えて嬉しい (*^^)v
深夜2:30起床のために早く眠りたかったが、お隣さん及びあちこちからの声がデカクて眠れず(@_@;)
そりゃ宴会も真っ盛りの時間帯・・まだ7時だもん (^_^;)

ガスの切れ間に八ッ峰も!

AM2:30 寝たのかどうか・・フラフラする。朝食の後、ザックに荷物を分担。ギアを装着して出発準備。
2年前の源次郎を思い出しながら、暗闇の剱沢雪渓を下る。途中ルートが左にそれてしまい修正。
軽アイゼンに慣れていないメンバーはトラバースがかなり怖かったみたい (^_^;)
それでもタフなメンバー達、ガシガシと前進で〜す♪

途中、十数人の団体さんや数名ずつの数パーティーに出会う。今日は混雑するのかな・・・お互い落石に
気をつけなければ (>_<)
AM6:25 正面に見えるのが熊ノ岩かな (#^.^#) ガスが晴れて時々剱岳山頂が見える、感動 (*^^)v

AM6:45 Cフェース取り付き 先ほどの団体さんが登攀中。その後、2名のパーティも待っている。
私達も出発準備、ロープの確認をする。いつものようにM氏がリード、私は確保に。
今日は人数が多いため複雑なシステム。それぞれ確認しながら少しずつロープを伸ばしていく。
本チャン初体験のK氏は少し前からジムでトレーニングを積み重ねているという。素晴らしい (*^^)v

今回のメンバーは初心者でも沢登り、山スキー、岩のゲレンデでも練習をしてきているので頼もしい。
ガッツもあるし基礎体力がしっかりしている。でもゲレンデとは違って高度感があるので戸惑う場面も・・
それでも少しのアドバイスでしっかり登攀を楽しんでいる、笑顔がキラキラして楽しそうでした♪

kotamaちゃん

kyuちゃん

maiちゃん

剣山頂に人が見える。
お隣のDフェースを登攀中のパーティ、カッコイイ♪
Cフェースより難しいが次は挑戦してみたい(^_^;)

1〜3Pは快適に進む、最初に書いたが今回は人数が多いために途中ロープが絡まり大変です。
Cフェースのハイライト、ナイフリッジ。M氏の次のkotamaちゃんが上部で何か叫んでる、でも何だか楽し
そうにも聞こえるんだけど(~_~;) 次のkyuちゃんも上部で叫ぶ、みんな怖いながらも顔は笑ってる(~_~;)
ここで私とロープを繋がっているyukoちゃんの足が止まってしまう。右にトラバースの一歩目が怖いかな。
「大丈夫!足を突っ張って体を離して」とアドバイスすると怖がりながらもクリア!
次のmaiちゃんも頑張ります、沢好きの彼女は高所でも平気なので安心(^^♪
そこをクリアすれば、後は簡単。ハイマツの上から5P目を上がれば終了。

最後のリッジを登ってくるyukoちゃん、ここはVサインで\(^o^)/ やったね〜みんな頑張りましたぁ〜
晴れ女晴れ男のおかげか、青空で展望もいい。剣はもちろん、針の木や唐松までスッキリ見える(*^^)v
今日は山頂には行かず、あとは下るだけなのでのんびりと過ごす。

私のヘルメットが転がってしまうというハプニングもありましたが、何とかM氏に探してもらい一安心。
急な岩場の斜面を下り、懸垂で降りるとX〜Y峰のコルに。ここでも本チャンの懸垂初めてという人も
いて慎重にアドバイス。何とか全員無事に降りれました。

ルートを確認するために先に下り、みんなを待つ。コルからの下りがガレ場でイヤな感じ・・落石が怖い。
沢に降りると、あとは来た道を戻る。ホッとしたのと行動時間が長かったのでみんな足が疲れている。
何でもないところでコケてしまう、気の緩みが怪我につながるのでここは慎重に(>_<)

今年の計画に北方稜線を繋ぐ夢がありましたが、前日の雨と今回は源次郎尾根がメインと告げられて
いたので個人的には後ろ髪引かれる思い・・・でも経験は宝!いい勉強になったと感謝。
そして本チャン初体験のみんなの笑顔が見れて最高に幸せでした。
みんな〜ありがとう (^^♪

明日の源次郎尾根の取り付きを確認するメンバー。 私は用事があるので一足お先に帰る。
早朝、源次郎に向うみんなに手を振りお別れ・・頑張ってね \(^o^)/
私が一番大好きな剣沢のテント場、ラジオを聞き、コーヒーを入れて待ったり過ごし、テントを撤収。
また男前の剣に逢いに来ます♪ 

薬師も白山も見えて帰るのがもったいないくらい(#^.^#)

いつかきっと・・・と、思い続けていた八ッ峰、無事に行くことができ感謝 m(__)m
そして次の目標、新しい目標に繋げたい。夢を少しずつ実現に・・
常に向上心を忘れず、経験を積み重ねたいと思う。がんばるで〜〜(*^^)v

     剣岳 八ッ峰Y峰Cフェース