槍ヶ岳 北鎌尾根敗退    2013年5月4〜5日(土〜日)

残雪期の北鎌尾根に行きたくて何度か計画していましたが、いつも腰痛や悪天候などでチャンスを
逃してきました。今年こそは気合を入れ、山スキーもひかえ、ケガをしないように準備してきました。
絶対に行く、その気持ちでその日を迎えました。

朝一番のバスに乗り込み上高地入り、早朝のカッパ橋も登山者で賑わっています。
今年は残雪が多く、こんなところで雪の回廊が見れます。
徳沢のキャンプ場もすごいテント数でした、登山ブームなんでしょうか。。。

いつも早朝から飛ばしてしまうので今回はゆっくりペースで行くように注意を受けていました。
横尾をAM8:10 ここで水を補給します、共同の水2リットル+自分の水分補給用 
テント泊装備と3日間分の食料、それに水3.5リットルで急にザックが重くなりました。
ババ平キャンプスペースもにぎやか

水俣乗越の分岐AM11:09 この辺りまではまだ天気も良かったのですが・・・
稜線に近づくにつれて雲が出てきます、風も強くなってきて、雪まで舞ってきました!嫌な予感・・
稜線のセッピ、昨夜も降ったのか?新雪です。しかもキノコ雪状態になっています。
少し先まで進みますが・・・

さっきまで青空だったのにこんな状況になって・・
風雪です、勘弁してよ〜
と思いましたが、このまま一晩降り続けると雪崩も心配。
2時間のラッセルも無駄ですがここは潔く撤退!!いや・・敗退?

テントでの就寝も久しぶりで辛く、ほとんど眠れませんでした。
深夜テント内も凍り付いていました、寒かった・・

このまま帰るのも寂しいのでふつ〜に槍ヶ岳に登りましょうということで
テントを置いて空身で山頂を目指します。
早くから山スキーヤーが滑ってきました、ブルーのウエアでめちゃめちゃ
上手い人でした。カッコエエ・・・

福井の山スキー友だちにも出会い、苦しいながらも楽しい登山となりました。

最後の登りは睡眠不足には堪えました、ようやく小屋横に到着、石の上でコーヒーで休憩。
槍穂先は小屋泊まりの人達で渋滞です、しばらくここで時間調整をしてから登る事にします。
降りて来る人はみんな満足そうな笑顔、それでも・・・
重装備過ぎて登れない人、軽装備過ぎて登れない人、降りれない人など様々いました。
無理せず、自分に見合った山を楽しんでもらいたいものですm(__)m

素晴らしい展望でした、北鎌は敗退でしたがこれを見れただけでも感謝です

穂高方面、前穂北尾根のギザギザも見えます〜

白山も!!

槍ヶ岳山荘周辺もまだまだ雪が多いですね

北鎌バックに写真を・・・ちょっと辛いっす・・・
で、未練タラタラで下ります。尻セードしてお尻ビショビショ(笑)
明日もいい天気なのでまだまだ登って来る人がいます。

テントに戻りました、先に到着のM氏がうどんを作って待っていてくれました。
デザートもどっさり!感謝ですm(__)m

槍沢ロッジ手前から最後の槍ヶ岳を見て「さらば、また来るよ」
あの岩壁にもいつか行けたら良いな\(^o^)/

2013年GW 終わりました、この時期の北鎌はまた夢となり来年に持ち越し。
「何としても行きたい」の思いは重過ぎたのかもしれません。
登らせていただく、自然を楽しませていただく、その思いで次回へ・・・

このGW前後は山で多くの命が失われてしまいました。
それぞれいろいろな思いで山を目指しておられましたが・・残念です。
その中には、山スキーをご一緒させ頂き、暖かい言葉を下さった尊敬する方もいました。
皆さんの御冥福をお祈りすると共に今後の自分の人生に多くの課題を下さったことに
感謝しつつ、山に向いたいと思っています。
安らかに・・・