若狭駒ケ岳〜百里ヶ岳

(高島トレイル)

木地山〜焼尾東谷〜駒ヶ越〜駒ヶ岳〜与助谷山〜桜谷山〜木地山峠〜百里ヶ岳〜南谷

2009.10.30

780〜931m

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

このところ高島トレイルにハマっているワタクシ、SIVAちゃんが以前から歩いてみたかったというコースに
行くと聞き、ご一緒させてもらうことにしました m(__)m
AM7:00 近くの犬がワンワンと朝の挨拶をしてくれる?!
バス停の向かい側の橋を渡り、柵を開けて個人所有の畑に入らせて頂く。入ったら必ず閉めること!
注意しながら端を歩き、さらに進むと杉林に入る。マーキングに従い何度か小さな沢を渡ります。

杉林の中をしばらく行くと沿いに登山道が続きます。マーキングや道標もあり、とても親切。
夏だと涼しげでイイ感じのところです。いくつか枝沢があり、雪があると注意が必要かもしれません。

「駒ケ岳1.9キロ」の道標を過ぎた辺りから、尾根に取り付くと結構な急登になります。
今日は涼しいので辛さはありませんが、暑い時期は大変だろうな・・(^_^;)
そのうちに美しいブナ林となり、木々の隙間から眩しい朝の光が差し込んできました。キレイ \(^o^)/

高島トレイルを忠実に繋ぐために、駒ケ岳南尾根に進むコースをSIVAちゃんが提案してくれました。
稜線に出ると、そこは素晴らしい世界!こんなに美しいブナ林は見たことがありません!感動です!!
歩いても歩いても稜線上に延々と続くブナの列・・・ついつい写真を撮ってしまい、前に進めません。

駒ヶ越をすぎて、やや小高くなった分岐に到着。右に折れると森林公園(河内川へ)へ行くそうです。
そのまま左方向へ進むと分岐があり、そこから1分ほどで駒ヶ岳山頂。

AM8:46 駒ケ岳山頂。広々としていて公園みたい♪展望もよく、遠くの山々が見える。
さらに先に進むと「若狭町・千石山」に通じるらしいけど、その山は知らない・・(^_^;)
今日の行程は長いので、しばらく休憩して先を急ぎます。来た道を歩き、稜線上の登山道に戻ります。
木地山峠の方向へ、ブナ林はまだまだ続きます。本当に素晴らしいとしか言いようのない景色です。
駒ケ岳西尾根から木地山中小屋への分岐がありました。

分岐から景色が一変するように、左手に植林を見ながら尾根を行きます。そのすぐ左横には立派な
作業道もあり、ちょっとビックリ。緩やかなアップダウンを過ぎると、またブナの木の登山道となります。
気がつけば、与助谷山に到着。苔生した倒木などがあり、イイ雰囲気。
破線ではありますが、ここからも木地山中小屋への登山道があるようです。

さらにさらに延々と紅葉したブナを見ながら、そして展望の良い尾根歩きでした。
与助谷山より100メートルほど標高の高い「桜谷山」に到着です。ここからの展望も良かった!
私たちが朝から歩いてきた道程が見えます、その末端には木地山集落の建物も確認できました。

桜谷山からは一気に標高を下げます。下った鞍部が木地山峠、かわいいお地蔵さんが・・・
ここで四方に道が別れます。@駒ヶ岳A百里ヶ岳B北谷を経て木地山へC上根来
もちろん私たちはこの先、百里ヶ岳を目指します。
峠から展望の無い尾根を少しだけ登って、お昼にすることに。お腹ペコペコでした(^_^;)

チャーシューをいっぱい載せたラーメン
炊き込みご飯のおにぎり (^O^)/

ご夫婦1組と10名以上の団体さんとすれ違いました。平日でも人に会うのはさすが高島トレイルです。
さて、これから辛い登りになります。本日、これが一番心配でした。
標高660メートルの木地山峠から標高931メートルの百里ヶ岳へ・・ほな、頑張りまひょ\(^o^)/

PM12:45 百里ヶ岳山頂 \(^o^)/\(^o^)/
心配していた登りでしたが、それほどでもなかった(^^ゞ とにかくここまでくればもう安心です。
天気も最高だし、ゆっくり休憩しましょう♪ 
SIVAちゃんはここから下れそうな尾根に興味があるらしく、あっちこっち見て歩いています。なるほど・・・
私も興味深々、いろんなコースが取れそう。
でも今日は目的のコースで降りましょうね、それもまた大変そうですけど。

山頂でまったり過ごしたら、下山に取り掛かります。まずは百里新道分岐まで・・・
ここからはまたまたブナ林が美しいのです。展望もよく、時間もあるので、写真撮りまくり〜

サクサクと落ち葉を踏みながら、百里新道分岐からシチクレ峠に到着しました。
ここからが本日の難関になるであろう、南谷の方向への下りです。
SIVAちゃんが確認するように先に進んで行きます。「踏み後とかある?」「何もないで〜」 (^_^;)
GPSを見ながらどんどん下っていきます、確かにテープも踏み後もありませんでした。
そのうちに急勾配となり、木に捕まるようにして無理矢理降ります。獣も通らんわね・・・こんなとこ。
ずいぶん下まで降りてやっと一つ赤テープ発見!ちょっとホッとします。でも最後はもっと凄かった。

右手に沢が見えましたが、そのまま急勾配の狭い尾根を下りました。ふ〜〜\(^o^)/
ズリズリと、何とか林道に出ることができたようです。下りてきた尾根を見上げ、二人で「やったね!」
沢の水を見て「この水、飲めるんかな」とSIVAちゃん。
「大丈夫やろ・・知らんけど」と言いながら、デリケートな私は決して飲まない (^_^;)

あとはしっかりした林道を歩くだけ・・・と言っても、ここからが結構長かったです。
PM3:10 南谷登山口到着。ヤッター\(^o^)/小さな橋を渡ると鎖でゲートがあります。
ちょうどその近くの民家の人が声を掛けてくれました。
南谷を降りて来たと言うと、びっくりされていました。そして北谷も結構大変だということでした。
百里ヶ岳に登るのは根来坂から登るのが良さそうで、ここから登る人は少ないのだそうです。
怪我もなく無事に下山できました、感謝 m(__)m

ちなみに私が持っている高島トレイルの地図には、この南谷のコースも書かれています。
でも、これって知らない人が見れば、簡単に行けそう??って勘違いしてしまいそうです。
私も、最近少しずつ高島トレイルを歩いていて、他にも時々そういう道に出会うことがありました。
この地図からは消すべき登山道がまだまだあるかも・・・
私たちはこのようなコースであると承知して、ある程度、状況を調べた上で歩きました。
GPSを使うのも良い事だと思うし、様々なところから情報収集することが大切です。
とにもかくにも、この南谷コースはあまりお勧めできません m(__)m