姥ヶ岳     2012年5月24日(木)

 福井県大野市   標高1453m 

出会った花たち

数日前に山たまごさんから「姥ヶ岳へ行きたいのですが道路状況が分からなくて・・・」とメールが
届きました。だいたい毎年、R157の温見峠の道、ゲート脇から入れるとのことを返事します。
でもせっかく遠いところから福井の山に来て頂くのですから、ぜひともご案内させてもらわなくては!
前日は水曜会のハードな山がありますが、それもトレーニングになるでしょう。ガンバリマス(笑)
大野の山なのでもしかしたらひろろさんも来てくれるかも、と連絡させてもらいました。
時間を見つけて行かせてもらいますと返事がありました、やっぱ持つべきは山友、ありがとう〜♪

と、いうことで当日。温見峠の駐車スペースで山たまごさんと合流します。
いつものダートな登山口までの道も話しながらだと苦になりませんでしょうか・・・クマ出没注意の看板も
いつもと同じようにありました。
準備をして出発です、山には少し雪が残っているところも見受けられます。今年はやはり多いかも!
それでもブナの新緑は美しい・・・木々の下にはオウレンが少しだけ残っていました。
山たまごさんには是非これを見て頂きたかったのでホッとしました。

林道を何度か交差しながら登山道に入ります。林道には結構多くの雪が残っています。
サクサクと気持ちの良い道が続きます。登山道脇には珍しいはずのピンクのミヤマカタバミが群生♪
そしてサンカヨウが咲乱れ、他の小さな花たちもいっぱいです。
これには驚きでした、楽しみながらゆっくりと進みます。
そしてもう終わりかと思っていたミズバショウも今が見頃!!なんてステキなタイミングでしょう !(^^)! 

秋のブナもステキだけれど、春もいいなぁ〜
以前GWに来た時は道に迷って大変だったことを思い出す、今では笑い話だけれど(>_<)
というわけで、いつもここから藪こぎ。それも姥ヶ岳の楽しみの一つかも・・・
神戸から来られた団体さんはその藪こぎに驚かれた様子でした。
昨日も鳴谷山で出会いましたね・・・なんて言われちゃったけど私、鳴谷山には行っていません(笑)

山頂までの登山道脇にはカタクリの群生、歩いても歩いてもカタクリ、カタクリ。すごいですよ〜
花花花の道から山頂へ、さらに超藪こぎして展望台へ行きます。

展望台からの能郷白山は素晴らしい!久しぶりに行きたくなったなぁ〜
そして山頂に戻ってのんびりとランチとします。食べているとひろろさん登場!やっぱり来てくれました。
山の話をしながらゆっくりと時間を過ごしました、それから単独男性も到着してみんなでのんびり♪

さぁ下りも花とブナに癒されて

恒例の「大トチの木」を見に行きます、何とここで驚きはひろろさんが「初めて」ということ・・・
来た事ないんだって、何で???でも感動してくれたようでよかったよかった\(^o^)/

大トチの木の広場にもサンカヨウが辺り一面咲いていました。まるでサンカヨウの畑みたいです。
ここにはニリンソウもいっぱい、今日はどこもかしこも、花・花・花♪
登山口でひろろさんとお別れして、私たちは「平家窟」を見に行く事にしました。
ひろろさん、ご一緒していただき、ありがとうございましたm(__)m

登山口の看板にあった「平家窟」と言われるところ・・・
私は初めてでした。ちょっと怖いです。
ヘッドランプで少しだけ奥に入ってみます。
すると、バッと音を立てて何かが飛びました!!!バットマン!?
下にロープが垂れ下がり・・・(そんなに古くないので誰か入る人がいるのか。
ハシゴもありますがその下は見えないくらい深そうでした。
もう。。。怖いのでこれ以上はムリ!帰りましょう(笑)



花・ブナ・探検といろんな楽しみがある姥ヶ岳でした。
山たまごさんが来てくださったおかげでイイ時に行けました。
ありがとうございましたm(__)m