藤内沢3ルンゼ  2013年1月27日(日)

 三重県   御在所岳 1212m

画像:Zenくん提供

画像:Zenくん提供

高速が吹雪にて予定時間を大幅に遅れ、鈴鹿スカイラインゲートに到着は7時。
ゲート前にはすでに7〜8台止まっていました。私たちも急いで準備してスタート、AM7:18
一時間弱で藤内小屋へ、トイレをお借りします。ここでアイゼンなどをつけます。

出合いからは沢に下ります、先日にも少し降雪があったようです。1パーティが前尾根に取り付きました。
すごい・・・冬はかなり難しくなるようで憧れます。
さて、私たちはまっすぐに沢を詰めます、ふくらはぎほどのラッセルですが雪が軽いので快適ラッセル。

だいぶ登ってきました、急登ですが登るにはちょうどいい角度(笑)
藤内滝は左から巻きます、新雪が柔らかくその下には前日の踏み跡が凍っているので注意が必要。
高巻きは踏みぬかないように・・・

フランケの氷柱に到着、今回は積雪が少なくここまでは楽勝
前回来たときは雪が多く、腰ラッセルで苦労した記憶があります。

Zenくん、雪山は久しぶりで辛そうです。あとで分かりましたが靴とアイゼンの相性が悪かったみたい。
私も以前にそういうことがあったので家でちゃんと合わせておくことが大切ですね。
下界は晴れてきました、こちらも晴れてはいませんが寒くもなく降雪もなく快適です。

最後の急な谷、コーモリ滝を登ります、ここも10センチの新雪の下は凍り付いていますので要注意。
前日のトレースが中間部にありましたがそれよりも高い位置から登ります。
前尾根のヤグラが下に見えますね〜さらに谷を詰めます

谷は狭くなり、岩の間をよじり、辛くなってきたころに上部を見ると、第3ルンゼ氷瀑です
なるべく難しいところを繋ぎ、最後まで登ります。よいアイゼントレになりましたね(^_-)-☆ 

M氏がトップロープを設置してくれたのでZenくんとアイスで遊びました、楽しい〜〜
簡単な緩いルートなのでアイゼンもがっちり効いて平気でした。Wアックスが欲しくなりました。

スクリューの使い方も練習してなかなか楽しかったです。
その後はとりあえず山頂へ行くことにします。
樹林帯から登るのは面白くないので、左の岩場を登ります、プチ岩登りを楽しむことができてイイ感じ
凍っているので慎重に・・足が届かず苦労する所が一箇所、M氏の手を借りてしまい悔しかったです。

山頂ではベンチで休憩し、ポットのコーヒーとパンで簡単に昼食をとりました。
ロープウエイで登ってきた人も多くいて、楽しそうでした。
ゆっくりしたけど寒いので早々に下山開始しましょうm(__)m
バットレスやαルンゼなどを見上げながら楽しく下山。


帰りはもちろんお風呂で暖まってほっこり〜ありがとうございましたm(__)m



久々の藤内沢でしたが手の怪我もそれほど気にならず登る事ができ、ホッとしました。
これで完全復帰か(笑)
やっぱり冬は南八に行きたい・・・けどそれはまだ早いかな(^^ゞ
とりあえず雪のバリルート復活です。
感謝でした m(__)m