取立山 胡摩堂谷左岸尾根

2011.3.30

1307m

取立山から鉢伏山に行くというひろろさんからメールを頂き、ご一緒させてもらうことにしました。
山スキーは一ヶ月ぶりなので少々不安があります。
登りで結構バテバテになりました、ゲレンデスキーばかりしているので体力が落ちています (^^ゞ

稜線に出るところで雪が硬く、早めに板を外してキックステップで登りました。
そこで2名が下山して行きました、駐車場にあった車の人達でしょう。かなり早く登ったみたいです。
気温が低い日はあまり早すぎても登り辛く滑りも危険なんだそうです。そのあたりも経験が必要です。

稜線に出ると懐かしい景色が広がっていました。気持ちいいなぁ〜
最近の足跡でしょうか、たくさんのトレースです。さすが人気の山です、今日は他にいないみたいだけど。

鉢伏山まで行くつもりでしたが、靴擦れが出来てしまい途中で引き返しました。
雲行も怪しくなってきたので、また晴れた日に再挑戦です。

県境尾根を滑ってJP1114mから胡摩堂谷左岸尾根を下るということです。
小屋の上に立つのは初めてというひろろさん。

今年はかなり雪が多いのでまだまだ滑れそうと楽しげに話してくれます。
本当に美しい山々ですね。

ひろろさんはあっという間にJPへ。どこでも滑れそうな雰囲気の筋尾根がいっぱい・・
稜線でキャンプしていた若者達、これから赤兎を目指すのだそうです。羨ましいですね\(^o^)/
とても爽やかな若者達でした「頑張ってね」

ひろろさんの後を追っかけ、どんどん滑ります。雪が多いせいでしょうか、私でも何とか楽しく滑る事が
できました。谷もあまり割れておらず、橋を渡り意外と簡単に国道に出れました。
駐車場まで少しだけ道路を歩きますが大したことはありません。

スキーはもっともっと練習しなくてはいけませんが、やっぱり山は楽しいってことを実感しました。
ありがとうございましたm(__)m