取立山   2014年3月2日(日)

 福井県勝山市   1307m 

鳴谷山の靴擦れがひどい状態でしたが、山友さんのアドバイスで湿潤パッドを使い一週間でだいぶ
よくなりました、奇跡の治癒力、まだまだ若いかい?(笑) 
それでもまだ薄皮程度なのでクライミングは無理!で、若さまと一緒に取立山へ行く事にしました。
若さまは今期山スキーを始め、ガイドツアーなど滑り込んできました。もともとゲレンデスキーがうまい
ので山だってあっという間に上手になりました。
でも私と2人じゃ不安もあろ〜かと何度か行った取立山〜護摩堂山のルートで行くつもりでした。

AM7:21 道路脇のPから出発です、本日はツボ足の人が多いのかな?

いこいの森から先行者のルートで冒険、右の狭い林道から夏の駐車場へ出ました。
どちらが早いかは??同じくらいでしょうが少し楽な気がしました。
今日は2人なので気分もユルユル〜のんびり行きましょう。
山頂はツボ足組みで賑やかでした、先行のスキー2名は護摩堂方面へ。

小屋はこんな感じ、例年よりやや少ないかなぁ〜?
護摩堂山方面に向いますが、山頂で護摩堂山から滑るより護摩堂峠手前から尾根に乗ってそれを
滑ると楽しいよと教えてもらったのでそのルートで行く事にしました。
地図とGPSで慎重に確認しながら進みます、小さなアップダウンがあり結構疲れました。

ガスが出てきてルートが確認しずらく、やや不安になりましがそこはGPSの力を借りて!!
ちゃんと尾根ルートに乗っかることに成功 「さぁ〜行くぞ」って時にトラブル発生!!
私が狭い尾根で藪に板を絡ませてしまい、リーシュを外したところ・・・板が谷を滑り落ちてしまったのです
板だけです(~_~;) あっという間に板は見えなくなり・・・
若さまに雪崩の危険があるので右岸から見ていてくださいとお願いして板の捜索へ。
かなり下ったところでやっと板を発見、回収。
若さまとも合流して、ルート上に戻るためにトラバース気味に登ります。
1時間ほどロスしましたが何とかルート上に戻れました。
板を発見できなかったら明るいうちに戻れなかったでしょう、考えるだけで怖い、反省ですm(__)m

その後はルートを確認しながら滑りを楽しみながら慎重に下りました。
もう少し時間があったら滑りたい斜面もありましたが雪崩の心配もあり時間もないし、今回はパス。
それでもまぁまぁ滑ることができ楽しかった!
最後は予定通りの沢に出て上手く道路に戻れました。そして終了!ホッとしました。
沢に大きな動物の足跡??く・・くま君??
この後、駐車場までテクテク歩きます。今回のルートを教えてくれた地元の強者のグループにも会い
お礼を言ってお別れ。この人達は鉢伏山〜板谷の頭そして小原へ下りたと言われていた、すごい。
次回はそのルートもスキーで挑戦してみたいなぁ。
駐車場 PM2:30 トラブルもありましたが意外と早く降りて来れました。
5時までに自宅に帰りたかったのでこのルートにして良かったです。

先日山友ジオンさんから頂いた「国府宮のなおい」
これが今日の私のミスを最小限で終わらせてくれたのかも・・・
ありがとうございました〜
そして若さま、これに懲りず、またご一緒してくださいねm(__)m