戸隠山

2006.6.1

1911m

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

リュウキンカ カラマツソウ チゴユリ イワカガミ
ユキザサ あなたの名前は?? ミヤマキンバイ ニリンソウ
? ツバメオモト オオアキギリ ヒメイチゲ
ムラサキヤシオ サンカヨウ ミツバオウレン イワナシ

スダヤクシュ

グンナイフウロ シラネアオイ 小さな実?何でしょ?

出会った花たち

写真にマウスを置いてね〜

写真にマウスを置いてね〜

日曜日の午後、休日割引で高速を使い、上越へ向う。糸魚川からがかなり遠く感じました (^_^;) 
信濃町ICで降り、暗くなってから戸隠に向うが山道に入ると霧で10m先も見えやしない・・怖かったです。
奥社入り口の駐車場にはキャンピングカーが一台だけ。車中で晩ご飯を食べコーヒーを入れて横になり
明日のルートを考えていると、ワクワクしてしまってなかなか寝付けない。1時間毎に目が覚める (>_<)

AM4:30 ドアが閉まる音や人の声で目が覚め、外を見るといつの間にかたくさんの車が!!
さすがバードウオッチングのメッカだけあって、大きなカメラと三脚を持った人ばかりです。
今のところ登山者はゼロ (>_<)

外に出ると良い空気〜顔を洗ったり身支度を整え、一時間以上もまったりしてしまう。
今日はここで散策も良いかな、なんて思ってしまいます。でもせっかく遠くまで来たのだから登らなきゃ。
奥社までの道は熊鈴を外す。シャッターチャンスを狙っている人に迷惑かなぁと思いまして・・
ウオーミングアップにちょうどいい、森林浴って感じでのんびり歩きます。
気がつくと、あんなにたくさんいたカメラマンの人達は、それぞれポイントを探してわき道へ入って行き
奥社に向うのは私と女性3人組だけみたい。

ザックを置いて、奥社で今日の安全をしっかりお祈りします。山に登るのは私だけか・・平日だもんね。
戸隠山は今回で3度目です。さすがに今日は一人なのでラジオと鈴を付けます、社で登山届けを提出。
ところが「西岳のルートは雪解けで崩壊箇所があり、ザイル、鎖等も外れているため・・・云々」と記載が!
西岳へは前回も行っているので、装備はきちんとしてきたけど・・・諦めたほうがいいかもしれない。
とりあえず出発 \(^o^)/

先ほどのウオーミングアップは何の役にも立っていなくて、歩き出しから足が重く感じる・・寝不足は辛い。
あんなに晴れていたのに、数分で霧の中に突入 (^_^;) もしかして今日はついてない??
岩も濡れていて、鎖が冷たいので手袋を着けます。スミレがいっぱい咲いていて癒されました。

意外に早く五十間長屋に到着、そのまま百間長屋まで行きます。その先の小さな沢には毎回雪が残って
いるのですが、今年はほとんど雪はありません。そのかわりにフキノトウが咲いていました。
少し登って振り返ると、百間長屋の岩場が見えます。結構迫力ありますね。

相変わらず霧の中で岩場も濡れているので、慎重に登ります。遭難碑に手を合わせ、蟻の戸渡へ・・
ナイフリッジの手前でちょうど霧が解け、青空と遠くの山が見えました。素晴らしい!!
後からも誰も来そうにない。せっかくなので、ここで休憩。お茶とお菓子を食べ、足を休ませます。
絶景です〜満足満足!

蟻の戸渡からしばらくで八方睨に到着、ゆっくり登ったので疲れは感じませんが、あまりにも良い天気で
気分もイイので、お湯を沸かし、コーヒーを入れて休憩。
まだ時間もたっぷりある、今日は一人で西岳に行くつもりで来たんだ!!と思ってしまう自分が・・・
「あ〜またやっちゃうの!?」と友人達の声が聞こえてくるような気がしましたが。
少し下って何度か登り返し、やはり戻る事にしました。奥社にも警告してあった、何かあったら困るし。
所詮、私は小心者(^^ゞ それでいいのだ〜!ブツクサ・・(^_^;)

五地蔵岳から高妻山、西岳の後方には北アルプスが。

八方睨に戻ると、大学生らしい団体が登ってきました。箸が転げてもおかしい年頃なのでしょうか(^^♪
「ここが八方塞か!」「違うよ、八方睨!」 「キャ〜アハハハッ〜」 楽しそう♪
私はそのまま戸隠山へ。相変わらず高妻山が凛々しい姿を見せてくれます。遠いですね〜

後方に大学生達の賑やかな声を聞きながら、こちらまで楽しい気分で歩く事ができました。
また少し霧が出てきましたが、すぐに晴れます。何度もアップダウンがあるので風もあってちょうどいい。
正面に見えるのが屏風岩かな?下を見ると高度感があります。

賑やかな声も聞こえなくなり、ちょっぴり寂しくなりました。ちょうど風の通る涼しい場所があったので
お昼にします。デザートと抹茶ミルクティーまで飲んでまったり、景色を堪能してすごく贅沢です。
そうこうしていると、また遠くから賑やかな声が聞こえてきます。「キャ〜〜、アハハハッ」
急坂でドロドロのところがあったので、滑ったり、転んでしまったかな。それでも楽しいんでしょうね (^^♪

一不動避難小屋に到着。高妻山、戸隠牧場との分岐となります。ここから高妻山までが辛いのです。。
一度目に来た時は同じ時期でしたが残雪が多くて割れが怖くて、大変苦労しました。
今日はもちろん、このまま牧場へ降ります。
あの時は小屋から直下も雪で埋まっていましたが、今年はまったく雪がありません。ビックリ!!

雪が無い代わりに、登山道は下までほとんど沢の中でした。ゴロゴロした石をジャブジャブ歩きます。
鎖場はヌメっているのでイヤな感じ。その下の沢は少し雪が残っていました。

かなり下の方まで、何度も沢を渡ったりしながら降ります。テープや印、鎖もあるので大丈夫です。
やっと樹林帯に入ると、今度は蝉が鳴いていました。両脇には二リンソウや春の花が満開でした(^^♪
森の妖精になった気分になれます (/_;) 

牧場入り口に到着です。ここから牧場の中をしばらく歩きます。遠くに牛や馬が見えてのどかでイイ感じ。
でも良い雰囲気もここまで!牧場を出ると、奥社入り口まで車道歩きが待っています。
暑くて暑くてヘロヘロでした (>_<) 
西岳にも行けなくて、技術もない自分が情けなく思えたけど、無事に下山することができホッとしました。
感謝・・しなきゃいけません m(__)m

帰りは高速を使わず、なるべく下道で帰ろうと思います。戸隠から鬼無里村というところを通りました。
谷間の村は素晴らしい所でした、展望台もあるらしく、こいのぼりが泳いでいたり・・
お店などは何もないと思っていたら、いきなり温泉があったり、蕎麦屋があったり・・
湯はそれほど・・でしたが、500円です。ひとりじめの湯(露天)もありました。奇数日は女性ということで
幸運にも今日は6月1日!泊まり客はいたようですが、お風呂は貸し切り状態でしたぁ〜

トンネルを抜けると北アルプスが目の前に・・・
神様からのプレゼントかな(*^_^*)

写真にマウスを重ねると名前がでます。一生懸命に調べたけど間違っているかも・・
分からないものもありました。花は難しいです m(__)m