2006.4.22

室堂(2450m)

立山は大好きな山の一つ、もう何度訪れただろう。剣沢テント場の星空も早月尾根からの剣岳も・・・お花畑も・・・雨の日に雷鳥の親子に会ったことも遠い思い出。
昨年は雪の奥大日岳〜大日岳〜称名滝の日帰りにも挑戦し感動した。そして今回はスキー!成長したのか図々しくなったのかわからないが、頑張ろう。

立山

深夜2時に自宅を出発、千寿ヶ原5時着。コンビニで買ったパンを食べて準備をする。駅前はまだ静か・・駐車場の桜が咲き始めている、そして山は新雪で白い。冬と春が同時に。昨日は大雪でアルペンルートも閉鎖されていた、まだ除雪ができていなくてケーブルも動かせないという。整理券を配られる、1時間待ち、2時間が過ぎた。その間観光バスがどんどん入ってきて駅舎は人でいっぱい。山スキーヤーとボーダーの姿も見られるが断然に観光の人が多いなぁ。ザックにもたれて眠ろうとするが床が冷たくて眠れない。人が多くなり過ぎたのか、美女平へ少しずつ移動させるみたい、一番のケーブルに乗る。

美女平に到着、閑散としていて寒い。外に出ると青空、鍬崎山が凛々しい。ここで20cmの新雪、室堂近くでは2m積もったという。雪の回廊も高いところで19mに達したらしい。昨年のGWはその半分も無かったと記憶している。観光客は新雪に喜んでいる、私も一人雪だるまを作って遊ぶ・・・「みれさん?」という声でふと顔を上げると、「友人Hさん」(*^。^*) 一泊の予定でボードを楽しまれると。取立山ではK女史と共に素晴らしい滑りを見せてくれた・・・ほんっとカッコイイ。それにしてもバスはまだ・・・2mの除雪は大変だろうと想像できるのでのんびりと待つしかない。結局、バスが動き出したのは9時 =^_^=

標高が上がるにつれ壁が高くなり、山々が見えなくなる。先頭のバスの後部席に乗ったので後ろ向きになって写真ばかり撮る・・カーブを過ぎた辺りがシャッターチャンス!でも酔いそう。
バスは何度も何度も止まりながら進む、除雪を待ちながらの徐行。奥大日ヶ岳の向こうに剣岳が見えた!胸がドキドキする、もうすぐだ〜と思うが,バスはなかなか進まない。「女性の方、トイレは大丈夫ですか?室堂まであとどのくらいかかるかわからないので山荘でトイレを借りてください」(>_<) この時点でバスに乗ってから2時間が経過、100円玉を入れお借りした。 

益々壁は高くなる、19mと言えばジムの室内壁と同じ。登ってみる?とM氏のほうを見ると寝ている(^^ゞ 12時、室堂に到着。美女平から3時間もかかった。朝、駐車場に着いてから7時間が経過している。扇沢からは難なく入れたらしく、室堂は身動きもできないほど観光客で溢れている。すぐ準備をして外に出る。

当初の予定では室堂〜一ノ越〜タンボ沢、黒部湖を目指して滑走するはずであった。しかし今日の状況では時間的余裕が無い。仕方なく国見岳・天狗山のすそを進み、弥陀ヶ原〜美女平をスキーで下りることに。
私はそれで十分満足!振り返れば剣岳、横には奥大日ヶ岳と大日ヶ岳。こんな景色を見ながらスキーなんて最高の気分。遠くには白山だ〜!まるで白山を目指して滑っているみたい、キャッホ〜(*^^)v

春の日差しのようにポカポカと暖かい、M氏とyuさんはゆっくりと景色を楽しみながら滑っている。
新雪で心配したが、それほど沈まない。私も今日はコケずに滑れそう・・カッコ良くないけど楽しいから◎

広大な雪原の弥陀ヶ原を見下ろしながら美松坂の樹林帯を滑る、右手には大日ヶ岳がず〜っと見えている。
樹林帯の向こうに「薬師岳」が現れた!真っ白でカッコイイ !(^^)! この時期はあそこまでは行けない、でも
一度は雪の薬師にも行ってみたい・・・などとふざけた事を考えているのは私だけじゃないだろう。

展望立山山荘付近で道路を横断する、今まで右手に見えていた道路が左手になり時々壁のすぐそばを滑る。バスが通過する時、観光客が私たちを見つけて手を振ってくれる。ビックリしている人もいるし、頑張って〜と言ってくれているのがわかるぐらい近い距離だ。何台も何台も通過するたびにみんなが手を振ってくれる。除雪車も通って反対側に雪を飛ばしている。大変な作業、ご苦労様です。

称名滝を見ながらさらに進むと少しずつ雪が重くなってきた。確実に標高が低くなっているのがわかる、気温もかなり上がっているのだろう。木々の間を滑り、狭い箇所を慎重に滑る。少し壁が低くなっているところで道路に下りることに。「え〜っ!コワ〜イ」と言う私にM氏は「雪があるから大丈夫だ」と・・yuさんまで「尻セードでどうぞ」と言う。「あの・・垂直なんですけど」仕方なくドサッと道路に下りると二人は笑っている(;一_一)
しばらく道路を歩くとバス停があった、運良くバスが通り
美女平まで乗せてもらえた。

午後4時、上下ともケーブルカーは人でいっぱい。こんな時間から室堂に行っても何も見えないだろう。泊まりの人かと思ったが、荷物は少ないから日帰り?駅前もまだ客待ちのバスでいっぱい、橋の向こうまでバスの列は続く。いつもの温泉も人が多いだろうと思っていたら、意外に少なかった。
車中では今日の楽しかったスキーと次回の山行きの話をする。
まだ少しの間、雪山モードで頑張りたい (^^ゞ