谷山〜安蔵山 余呉トレイル 2013年9月18日(水)

 滋賀県長浜市   939〜900m 

きのこ

まだまだ暑い日が続きますが少し秋らしさを感じる朝です。AM7:00ウッディパル余呉で待ち合わせ。
家から30分もかからず着きました、ジオンさんたちはすでに到着です。
今日は始めましての若様とご一緒させて頂きます、よろしく〜

田戸へ、AM7:30出発 橋には鎖ゲートがあります。そこから奥川並へは林道を歩きます。
谷山の登山口を地図で確認しながら進みます、やっと奥川並の集落跡へ到着するも神社跡が分からず
GPSで見たら少々行き過ぎていました、少し戻ります。

奥川並に戻り、鬱蒼とした草むらに神社跡を探しますがなかなか見付からず・・
適当に踏み跡らしきを登ると建物の跡がありました、そこから少し左寄りに踏み跡が・・・
でも本当は右の尾根方向が正解、そこには鳥居や燈籠もあります。(後日反対側から登り確認)
この時は間違えて少し左に行き過ぎて涸れ沢を詰めました・・・めちゃくちゃ急で・・・藪・・・(笑) 

これは違うやろ、という斜度を登り、とりあえず尾根に出て登山道と合流できました。
GPSで確認しホッとしました。若様から冷たいジュースを頂き一休みします。
初めての余呉トレイル初めての若様、きっと驚かれたことでしょう。でも私達はいつもこんな感じですの
嫌わないでね(笑)

激登りの登山道ですが所々展望も良くて、意外にも歩きやすい登山道。
素晴らしい景色が見えるのでこのコースはお勧めです。
かなり急登ですが(笑)

左千方(鳥首峠)に続く稜線や三国岳が見えます。

激登りが安定してきます。ブナが美しい山で辛い事も忘れて嬉しくなります。
そうこう言っているうちに三角点のある谷山山頂へ到着です。

山頂から安蔵山へ続く道とは反対側に「左千方」へ行く道があります。
小さな案内板もぶら下がっています、その方向へ行くと大きな木があります。
左千方は次回の楽しみに取っておきましょう、行きたいけれど・・・

谷山山頂で記念写真を撮り、少しだけ休憩します。
まだまだ先は長いので頑張って歩きましょう、可愛い案内板に従って進みます。
が、その先は少し荒れていて分かり辛いところがありました、これも後日は反対側から登ったのですが
安蔵山から来れば道は迷うことなく、わかりました。

広い尾根上を歩きます、なかなかいい雰囲気でついついカメラを向けたくなる風景でした。
ブナが美しいです。ブナ林広場というところあたりがいいです。

時々大きな倒木があり、そういう所は注意して歩きます、登山道が迂回したりして分かり辛くなって
いるので・・・それ以外の所は踏み跡もしっかりしているので心配はありません。

緩やかな登山道からトラバース、急登となり、山頂までまだまだと思っていたのですが・・・
GPSを見ると山頂まであとわずか、あれれ?どうしたことでしょう(笑)
大きなブナの木が点在していて圧巻です。ジオンさんにモデルをお願いして写真を撮ります。

新しい余呉トレイルの地図では谷山から安蔵山までのコースタイムは3時間となっているらしい。
しかしその半分、1時間半で到着です。やった!!
山頂は薄暗く狭いので少し広いところでお昼にします、いろいろご馳走になってお腹一杯です。
ありがとうございました m(__)m

さて、あとは下るだけです。が、ジオンさんと若様、下りがメチャクチャ早いです!!
置いて行かれそうになり、少々焦りますが。。。
実はこの前足を挫きそうになっているので下りはストックを出して慎重に降ります。
ここもブナが美しい。

こちらからも左千方が見えます、いい山です。

コルに下りるとYTCの杭があります、最後の下りは植林の道です。激下りですが良く見ると踏み跡は
あるのでゆっくり下ります。レポ等で見るテラスもありました。
ジオンさんは下るのが早すぎてそれにも気がつかずズリ降りたようです(笑)

テラスを過ぎてすぐにパイプの階段があります、林道に出ました。
あとは駐車場まで30分ほど歩きます。

今回は念願だった谷山〜安蔵山の周回できて嬉しかった、ありがとうございましたm(__)m