鈴鹿峠〜油日岳縦走

2007.11.21

以前、ytnetさんのレポを拝見してからずっと行きたかったコースです。やっと念願叶ってご一緒させてい
ただくことになりました。もちろんytnetさんにガイドをお願いし、水曜会のShonさん乱丸さん、のこさん
和たん
ジオンさん、ドルフィーさん、mayuさん、そして私の総勢9名での山行きとなりました。
まずは下山予定の三馬渓に車をデポして、登山口の鈴鹿峠に移動します。
よく見れば皆さんいつもよりザックが小さめ!今日はのんびり歩けないぞ!とばかりに気合十分です。

AM8:00 歩き出しは長閑な茶畑の前から。「エエ感じいや〜」と思っていたのもつかの間・・・いきなり
の急登です。小さいけれどアップダウンの連続、しかもプチ岩場もあり変化に富んだおもしろいコース。

AM9:00 ナイフリッジと言われるところを通過。気持ちの良い稜線歩きです\(^o^)/
そこから30分ほどで高畑山のピークです、展望もバッチリ!御在所や鎌ヶ岳などの山々が見えました。
AM10:00 溝干山のピーク。笹の稜線になり、またさらに下ります。

AM10:05 溝干山から一気に下って坂下峠に到着。本日ここで初めて他の登山者に出会いました。
親子で唐木のキレットから下ってきたと明るい笑顔で話してくださいました !(^^)! 
私達も頑張らなくては!先はまだまだ長〜〜いのです(^^ゞ

先に唐木キレットの岩壁が光って見えます。うわっ!何だかワクワクしてきます。それにしても本当に
アップダウンが多いです(>_<) でも皆さんと話をしながらだと楽しいです。
キレットはロープが下がったチムニーから登りました。壁も登れるみたいでしたが、下からは今ひとつ
状況がわかりませんでした。上部から見ると、真新しい鎖が下がっているようでした。次回また偵察
に来てみたいものです。(やっぱ、これは一度登ってみたいな・・)

AM10:50 唐木山頂上。またまたアップダウンの繰り返しです。紅葉も少しですが見ることができて
嬉しい\(^o^)/ いろいろな山が見えますが、この辺りは登ったことがないので私には全くわかりま
せんでした。時々皆さんに教えていただきましたが・・・忘れてしまいました。
印象に残っている山名は「錫丈ヶ岳」 これには一度登ってみたい。

AM11:55 那須ヶ岳に到着!ふ〜やっとここまで来れました。広場で昼食とします \(^o^)/
乱丸さんからは例の美味しいお稲荷さんと唐揚げとだし巻き卵、お漬物を・・他の方々からもフルーツ
お菓子、パンなどなど沢山頂きました。ごちそうさまでした。
山頂はあまり展望はありませんがゆっくりできる場所でした。しかし天気は最高なのですが・・・
風が冷たくて上着を着ました。それでも寒くて押し競饅頭したりして、童心に返った気分でした (^^♪
Shonさんに記念写真を撮っていただきました、バックの青空がきれい!

ここもかなり急登!ロープも下がっていました。振り返れば、今朝から歩いてきた稜線が見え感動!
変化に富んだ登山道が癖になりそう!水曜会の皆さんももしかしたら結構Mかも(^_^;)

女の子?だけで記念写真です\(^o^)/

AM14:35 油日岳。岳大明神と書かれています。朝から11のピークを踏みアップダウンに気合を入れ
て挑戦しました。あとはもう下るだけ・・・少し寂しい気さえするのは私だけ?かな?

最後の下りで少し奥まったところに進んでみるとこんな滝がありました。小さな流れでした。
ハシゴなどもあり、最後まで楽しませてくれるコースでした。
三馬渓に到着、デポしてあった2台で鈴鹿峠に戻りそれぞれ帰路に着きました。
ytさん、今日はガイドをありがとうございました、楽しかったです〜\(^o^)/
皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした〜
怪我も無くこのハードなコースを楽しく歩けたことに感謝 m(__)m
この辺りも楽しみなコースが他にもありそうなので、またご一緒できたらいいなぁ・・と思っています♪