蕎麦粒山 そむぎやま  2013年6月5日(水)

お隣の五蛇池山に登った時に、その途中にある蕎麦粒山の沢筋の登山口を確認していました。
ヤブ山イメージの強い山です(五蛇池山は迷ってシャクナゲ地獄に入り込んでの登頂でした)
新しいルートもその時に確認していましたが、ヒルが気になる山域なので尻込みしてました(>_<)

新ルートは尾根通しだからヒルはいない!!と太鼓判を押してくれたので安心して行きましょう。

岐阜
県揖斐郡坂内村の遊ランド坂内スキー場を過ぎ、さらに奥に進むと工事のためのゲートがあります。
そこの空きスペースに駐車して出発です。すぐ下の川に下りるとピンクテープがヒラヒラと・・・
それを目標に渡渉します、登山靴ならそのまま行けますが私はスニーカーですので裸足になりました。

鬱蒼としていますが何となく踏み後は確認できます、最初は薄暗い樹林を九十九折れに登ります。
その後は尾根通しに明るい道です。しかし急登です。
この日は気温が高く、さすがのワタクシも汗がポタポタと・・・SIVAちゃんはかなり辛かったことでしょう・・

時々木々の間から山頂が見えます(たぶん)風はほとんどなく、急登ばかりで辛いルートですな・・・
藪は気になるほどのこともなく、このくらいなら楽勝(笑)
途中のブナ林はグリーンが美しい、カメラを忘れたSIVAちゃんに私のを貸してあげたので
私はスマホで撮ります。どうせ後でそれらの写真は分けてもらうつもりなので(笑)

ルート上で迷うところはありませんが藪は背丈ほどになる箇所もあり、ヒルよりもダニに要注意です。
おもしろい木があったので思わず登ってしまいました\(^o^)/

あの先が山頂でしょうか。まだ少しありますね。下から見ると近そうでしたがかなり時間がかかりました。
一旦下り、少しだけ登り返しがありますが大したことはないです。
全体ではロングコースになりますので、休憩は小まめに取ります。
痩せ尾根を行くところもあり、その手前ではSIVAちゃん迷う(笑) 
すぐそこだけど声はすれど姿ナシ!!「道ないで〜」って???「どこに居てるん?ここやで??」
汗まみれになってヘンテコなところから登場でした、お疲れ様m(__)m

山頂到着、味のある山頂のプレート文字\(^o^)/

下りはアッちゅう間(笑) 最終の渡渉もわざと長く水に入る、冷たくて気持ちいい!!
お疲れ様でした、ヒルにも会わず、ダニにも好かれず、展望もまずまずで楽しい山でした。
次回は違うルートから・・・秋に挑戦してみたいです。どなたかご一緒にいかが?