余呉・中河内 塩買い道   2012年10月24日(水)

そろそろ秋の気配です、こんな時は余呉トレイルです(^^ゞ 久しぶりにMapを出してニラメッコ。
いろいろ歩きたいルートはありますが、今日は時間に余裕がないので短いコースで・・・
気になっていた「塩買い道」の確認に行くことにしました。

PM1:10   駐車スペースから少し歩いて網谷川の林道へ向います。
林道終点までは徒歩15分ほどです。ちょっとクマが怖い、鈴は付けましょう(笑)

林道終点でまさかの道間違いをしてしまいました。
黄金清水谷行くには、すぐに左に折れて小さな橋を渡るのが正解です。
でも私はそれに気がつかず真っ直ぐに行ってしまいます、渡渉ばかりでおかしいと思ったけど
道は良く整備されて、最近草刈もされたようでした。それで合っているとばかり思い込んでしまった!!
でも間違いに気がついたのが遅く、それが帰りのルートだと分かったのでそのまま登る事にしました。

草刈りされた道も終わり踏み跡を辿ると沢でした。そのまま踏み跡に続くと沢を登ることに・・・
所々赤テープがあります、地図を見ると鉄塔巡視路のようです。
見上げると登れそうな岩壁も!(笑)

沢の分岐に鉄塔の巡視路を示すプレートがありました、左右どちらにも踏み跡があるので迷いますが
巡視路である右の沢に進むことにします。最後に急登を登ると鉄塔に出ました。
そのまま進むと鉄塔なので登山道を探して進みます。
道はしばらくは良く整備されていますが、あくまでも鉄塔巡視路のための道です。
稜線に出て地図の606M手前の鉄塔は以前にトレイルを歩いた時に間違いやすかったところです。
それは鮮明に覚えていたのでトレイルに合流のルートは分かっていました。
でも確認のために、少し沢沿いに下ってみることにしました、でもいくら下っても何もなかったので
また登り返し、以前と同様に藪漕ぎしてトレイルに出ます。(GPS軌跡でうろちょろしている場面)

この区間、以前も思ったのだけれど余呉トレイルは途切れていることになりますので要注意です。

道は以前よりもっと藪は濃くなっていました。
そこから先も余呉トレイルの地図にある登山道はご覧の通り・・・以前はもっとしっかり道がありましたが
踏み跡はありますが明瞭とは言えない状態に・・獣道もあります。
この辺りは必ず地図を確認しながら行ってください。

私は栃ノ木峠方向とは反対側、河内山方向に戻ります。その道を探すのも20mほど藪漕ぎです(~_~;)
登りで間違えた「中河内・塩買い道」を降らないといけないので必死です(笑)

稜線の登山道に出ました、でもここも以前から比べたら道が分かり辛くなっています。
所々獣道合流しているので間違わないように・・・あたりの景色を見て地図を確認しながら進みます。
1〜2箇所、支尾根がありテープや印もあるので迷い込まないようにします。

見覚えのあるYTCの杭が泥んこになって倒れていました、塩買い道への矢印の杭です。
ここからトレイルから外れて中河内の方向へ下ります。
すぐに大き目の池がありました。さらにもう一つ小さな池。

池から先も踏み跡が薄くなっていますが沢伝いに歩けば問題ないと思います。
登りと同じでずっと小さく狭く薄暗い沢を下ります、ゴアのトレランシューズで来て良かった!!
スニーカーなら泥んこでびしょ濡れでしょう。
登りに使った沢よりはマシですが、あまり楽しいルートではありませんでした(がっかり)

少しドキドキしながら何とか草刈りをした清水谷に出ました。
PM3:50  少々時間がかかりましたので鈴を振り回しながら、急いで戻ります。
行きで見逃した小さな橋がありました、そのすぐ上が林道終点でした。
ここで間違えたんかい!!って、笑うしかありませんでした・・・

とりあえずいろいろ確認できて良かった〜
次回は池河内や獺河内から塩買い道を歩いてみようと思っています (~_~;)


さてさて、余呉トレイルですが・・・やはり一時期よりは歩く人が少なくなっているみたいです。
先日もちょろっと歩いてみましたが、そこも同様でした。
トレイルは藪化が進んでいます、元々藪を切り開いて道を作って下さっているのですから
藪に戻るのは簡単なことです、仕方がありません。
ただ、地図が手に入るのであれを見れば簡単に行けてしまうと思うのは危険です。
やはり余呉トレイルは歩き慣れた人と行ってください、あと・・地図orGPSを忘れずに!
どうぞ慎重に。