下栗の里

2011.9

南アルプスに行く時に通る「下栗の里」日本のチロルと言われ以前から有名な村です。
宮崎駿さんが、この一帯で行われる霜月祭りでヒントを得て「千と千尋の神隠し」を作ったというので
知られていますね。
最近ではある引越し屋さんのCMでブレークしていてかなり人が来ています。

カメラが趣味の知り合いがそこにどうしても行ってみたい!というのでご案内と助手として??
行ってきました。

高原ロッジ下栗までは車で入れます。そこに駐車してしばらく車道を歩きますとビューポイントの入り口
があります。案内板があるのですぐにわかります。
入り口からはゆったりとした登山道になります、15分ほど歩くのでスニーカーが良いですね。

ビューポイントから下栗の里

撮影のあと、村に行きそこからも撮影しました。
鳥の観察をしている人にも出会いました。

CMにも出てくる廃校になった「木澤小学校」も見てきました。校庭のジャングルジムが懐かしい・・・

その後、しらびそ高原にもドライブ、南アルプスの展望が最高でした。山に行きたい・・・(笑)

朝6時に敦賀を出発して、午後5時半ごろには家に帰る事ができました。
ゆっくり観光もしたのに撮影だけならこんなに早く帰れるんですね〜
今度、母も連れて来てあげよう♪