仙塩尾根縦走

3032〜3189〜3025m

2008.7.19〜21

2日目の記録

北沢峠〜仙丈ヶ岳〜野呂川越〜三峰岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜大門沢〜奈良田

3日目の記録へ

AM4:10 起床  コーヒーとフランスパンで朝食
明るくなるのを待って、身支度を整えテントを撤収。気持ちの良い朝でした。

昨日、仙丈ヶ岳の山頂を出発してからは誰にも会うことは無かったのに、今朝は歩き始めてしばらくで
両俣小屋泊まりと思われる単独行2組に追い越されました。続いてご夫婦らしい男女1組にも。
みんな両俣から入山したのかな・・・ザックを見ると小さい。私とは正反対に足取りが軽そう〜
自分も無理せず小屋泊まりにすれば良かったかなと、テント泊装備で挑んだことに、ちょっと後悔 (^_^;)
せめてもう少し軽量化に努めなければ!
倒木を潜るのもザックが引っかかって余計な体力を消耗してしまいます。
それでも登山道脇の小さな花たちが癒してくれます、山ってこれがあるからやめられない(^_^;)

昨日より小さくなった仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳 (*^^)v

天気は上々と思っていましたが、北岳方面は霧がかかっていました。
樹林帯は薄暗いところもあり、遠くから見る岩陰を一瞬クマと間違えてビックリ(>_<) それが2度も(^_^;)
相変わらず重い荷物に喘ぎながら立ち止まりが多くなります。
稜線に出るとハイマツの間を縫うように前進、時々岩場もあっておもしろくなってきました\(^o^)/
この頃になると、間ノ岳方面からの登山者の数組とすれ違いました。意外にもあちらから来る人が
多いんです。ほとんどの人が両俣から野呂川出合いの北沢橋まで下るようでした。
若いグループもすれ違いに挨拶をしてくれます。南アルプスは若い人が多いみたい・・元気!

下山ルートを考えていた時に、北岳から両俣に下るルートも思いついて事前に調べていたのですが
その時の情報では両俣左俣は増水していて危険だということであっさり諦めました。
それでも行きのバスでは釣りの人などが入って入る様子で、ちょっと魅力的です。
でも計画しても私の体力では行けなかったと思います、相変わらず無謀な考えでしたぁ〜(^_^;)

あと少しで三峰岳!
振り返ると仙丈ヶ岳から続く仙塩尾根。あれを歩いて来たんだ・・・(^o^)/

後方から単独の人が追いついてきました。とても優しい笑顔で 「一人で縦走かい?どこまで行くの」と。
久しぶりの人との会話・・・嬉しかった♪ 彼はとても小さなザックでどこから現れたのでしょう
気さくな人でいろいろ話をしてくれ、「熊ノ平小屋」から来たということでした。小屋番さんらしいです。
朝の散歩?!なんてことはないでしょうけど、登山道の安全確認かな?
ここからの登りが長くて辛そうに見えました。今日もヨレヨレの私、鍛え方が足りん (>_<)

三峰岳の鞍部に着くと、そこからは農鳥岳と小屋の赤い屋根がよく見えます。ザックをデポして山頂へ・・
三峰岳の山頂です。やっとここまで来たぞ〜バンザ〜イ \(^o^)/飛び上がりたいくらい!感無量です。
山頂には熊ノ平の人が先に着いていて、笑顔で迎えてくれました。記念写真をいろんな方向から撮って
くれたり、話をしてくれました。ここからは熊ノ平の小屋への道がよく見えます。
「牛乳が大好き」と言いながら、ザックから牛乳パックを出してくれました。こんな静かなお山の山頂で
牛乳を頂くなんて夢にも思いませんでした (*^^)v それをストローで飲みながら結構長い時間、山話で
盛り上がりました。そうそう、おにぎりも持って行きなって (^^ゞ 30分以上も山頂で過ごしました。
小屋閉めまでに熊ノ平にも遊びにおいで〜と手を振りながら私とは別の方向に下っていきました。
さて・・・私も先を急がなくては (*^^)v

三峰岳を下りると、私と入れ替わりに両俣から来たという3名グループが山頂へ登って行きました。すぐ
あとに単独行の若い男性も。「やっとここまで来た」という安堵感からかどの人も素敵な笑顔でした。
私も重いザックを背負い直し、ガレ場に向って登ります。あと少し!と思えば意外に頑張れるものです。

間ノ岳山頂はガスっていて展望なし!でもさっきまでとは別世界で賑やか!!登山者で溢れています。
海の日は一年のうちで一番山が賑わうと聞いたことがありますが、本当にすごい人です!
この後、北岳に向かい肩の小屋でテント泊して、明日下山するつもりでした。が、この溢れる人を見て
風来坊の私の気持ちが変わりました。

♪ まだ未踏の農鳥岳に行こう \(^o^)/


そう決めて三角点の写真を撮りました。そこには「相ノ岳」と書かれていました、どっちがホント?

20分ほどガスが晴れるのを待ちましたが、北岳方面の展望は期待できそうにありません。
賑やかな山頂を後にして青空が見える農鳥岳方面に下ります。こちらもそれなりに人が多そうです。
時間はたっぷりあるので少し下ったところで、明日の行程時間等を確認します。
実はこの時点でもまだ北岳に行きたい気持ちが半々にあり、迷っていました。やっぱり戻ろうかな・・
そう思って立ち上がると、三峰岳で会った3人グループの人が声を掛けてくれました(#^.^#)
農鳥小屋からの行程時間や奈良田に下山後、広河原までのバス、そこから夜叉神までのバス時間
等を教えてくれて、自分達も同じ予定だからと言ってくれました。
行程時間を計算すると、奈良田に下っても何とか夜叉人への最終のバスに間に合うだろう・・
単独に寂しさを感じていたので優しい一言が嬉しかったです m(__)m
それで安心して私も農鳥小屋に向うことにしました。(優柔不断ですね・・)
そう決めた途端に、まだ未踏の農鳥岳に期待が膨らみます \(^o^)/

農鳥小屋の赤い屋根は見た感じではすぐ近くに見えましたが、下ってみると結構遠かったです(^^ゞ
三国平を過ぎると緩やかな登りになり、若い男女のグループが「雷鳥がいますよ」と教えてくれました。
雷鳥の親子です♪ (写真には親鳥しか写せませんでした)

小屋でテント場の手続きをします、小屋泊まりの人も結構多そうですが北岳よりずっと少なそう・・
小屋番さんが「今の天気は良さそうに見えるだけで、明日は早めに崩れますから早立ちでね」と。

テント場に行くと上部に平らなイイ場所がありました、農鳥岳が真正面♪トイレも近い!
時間はまだ午後1時を過ぎたばかり、間ノ岳方面は霧がかかっていますがここは何故か晴天(*^^)v
なのでテントの中は暑すぎて入ることができません、仕方なく辺りを散策します。

今夜の我が家から農鳥岳が♪じっくり見るとなかなかの急登でカッコイイ。
今夜のメニューはカルボナーラとスパゲティのゆで汁で作ったスープ、サラダ
ついでに明日の行動中に食べる炊き込みご飯を作っておきました。

コーヒーを入れてゆったりと過ごしました。夕方に少しだけ雨がぱらつき急に気温が下がりました。
おかげでテントに入ることができ、あっと言う間に夢の中。
ご近所のテントから夕食作りの食器の音が聞こえてきたので、目が覚め外に出ました。
ここにきて、やっと食事らしいものを作る元気が出てきたみたい。やっぱり緊張していたのかな。
時間がゆっくりと過ぎていきます。こんな風に過ごす山は久しぶり・・・何か、イイ感じ〜(#^.^#)

カール状の斜面にはお花畑が広がっています。少し冷たい風が心地いいのです。
向こう側に熊ノ平小屋が確認できました、さっきのおやじさんは今頃泊まり客で大忙しかな?
知り合った人達は何度も売店まで通い、ビールを買って宴会を楽しんでいるようでした。
飲めない私はそれがちょっと羨ましく、紅茶を入れ一人で乾杯〜〜(^o^)/

地図を見たり、ラジオを聴いたり、ゴロゴロしている間にいつの間にか眠ってしまいました。
何度か目が覚めてテントから顔を出すと、満天の星空でした。ステキ〜♪
これがテント泊の良い所ですね〜辛くてもやめられませ〜ん (^^ゞ

出会った花たち