轆轤山〜三十三間山

2011.2.23

842.3m

      ろくろ
新道〜轆轤山経由     

轆轤山経由で三十三間山に行くことは以前から計画を練っていました。出来れば雪の季節に行きたい!
調べてみるといろんなコースが考えられ、できれば天増川から県境尾根を行きたいと思っていました。
他のコースも下見しましたが、雪の状態(藪こぎ)と一人の不安を考えると逃げ腰になったりします(笑)
でも今年は雪が多いのでチャンスかもしれない、これを逃したらまた来年までお預けになります。
そんなこんなで天気の良いこの日の朝、急遽行く事にしました。

今回は新道からのコースで行く事にします。
R27からR303へ、熊川宿の川を挟んで反対側の集落が新道です。最終除雪が白石神社まで。

AM9:40  川の端のスペースに駐車して、そこからシールで歩きます。微かなトレースあり!
しばらく行くと「林道池ノ尻線 起点」の標識がある橋を渡ります。上に真新しい高架橋がありビックリ!
その道はどこと繋がっているのでしょうか??ご存知の方があれば教えてください。

高架橋の下を潜り川沿いの林道を進みます。40分ほど行きますと天龍神社、鳥居がありました。
そこからさらに20分ほど行くと大きな木があり、その向こうに湿地?のような美しい場所に出ました。
上の林道からシュプールがいくつか残っているのが確認できました。

先ほどの湿地から上の林道は写真のように完全に雪で埋もれています。トラバースが嫌な感じ(^_^;)
ずんずん進むと杉の植林の尾根にぶつかります。その尾根を登って行くと稜線に出るはず・・・
しばらく進むとテープを確認(たくさんありました)

さっきまでのだらだら歩きの林道で疲れてしまい、なかなか足が進みません。
振り返ると若狭カントリークラブが見えました、そして左を見ると三十三間山が!!まだ遠いなぁ(^_^;)

稜線に出ました、だーれもいない、静かで広ーい雪原です。

向こうに見えるのは武奈ヶ岳

杉林の向こうにゴルフ場が見えます。
もう少し澄んでいたら青葉山が見えるのになぁ・・・残念。

天増川を挟んで武奈ヶ岳や三重嶽が連なっています。

PM12:10  やっと轆轤山に到着、ここまで2時間半もかかりました。意外に遠かった〜(^_^;)
三十三間山はまだ二つほど小さなピークがあります、ガツンと急登のほうが私的には楽しいかも・・・

春は休憩ポイントになる草原も一面雪に覆われています。向こうに見えるのは三方五湖♪
山頂まであと少し!

PM1:10  三角点はもちろん、道標も雪の下で何もない山頂です。
山頂左の木は昨年12月、ジオンさんやJereysさんとよじ登って白山を見た木ですよ〜
こんだけ積雪があるんですね、すごい!大日岳も白いです。

歩いて来た稜線が全部見えます。素晴らしい\(^o^)/
さぁ、いよいよ滑降ですが・・・

まともに滑ったのは山頂直下だけ、あとはクロスカントリー風スケーティングにてやや疲れました。
愚痴は言うまい、登るのに楽させて頂きました。山スキー万歳 (*^^)v
来年は天増川集落から行ってみようと思っています。
チャンスがあれば高島トレイル全山スキーで!とか(笑) 

いつも見慣れた地元の山も、スキーで登るとまた違った印象です。
真っ白な山は美しいです、今日も楽しませて頂きました。感謝 m(__)m