2009.10.18

974〜950m

落合〜三重嶽〜大日尾根〜大御影山〜近江坂〜滝谷山

三重嶽〜大御影山

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

画像の上にマウスを

本日は岐阜のjunさんとのんびりハイクを計画。
ブナが美しく、海が見える山がいいな〜ってことで 「三重嶽〜大御影山周回」 に決定しました。
M系登山がお好きな?junさんのことだから、きっと「のんびりハイク」では終わらないはず・・
junさんがこのコースを選ぶという事は・・・覚悟しとこ (^_^;)

昨年同じコースを歩かれた、ちゃたろうさんの記録からGPS奇跡をプリントアウトして持って行く。
ちゃたろうさんのHPは以前からよく見ている。山スキーもさることながら、グリーンシーズンもご夫婦で
ハードな山行をされる。しかも健脚かつ経験がないと行けないコースが多い。

AM7:00 ビラデスト今津で待ち合わせ、淡海湖沿いの林道から落合休憩舎へ移動。
以前の記憶を辿り三重嶽登山口に向いますが、何故か行き過ぎてしまい林道ゲートにぶつかる。
後戻りして再度、落合休憩舎へ。ここに駐車して登山口まで歩きます。
AM7:40 三重嶽登山口  時間ロスしてしまいましたが気持ちを入れ替えてしゅっぱ〜つ!

登り返して滝谷山の分岐を発見。ゆったり気分は一変、ここからが勝負や〜〜 (^^ゞ
持っていた「中央分水嶺高島トレイル・詳細マップ」を見ても、滝谷山へのルートは破線であり分岐から
先の道も分かり辛い。時々テープがあるものの、踏み跡とも獣道とも判らない道を進みます。
一人ではちょっと怖すぎて来れないなぁ・・クマ、絶対いますよね (>_<)

登り始めてから30分は杉林の急登、私は以前歩いているのですが、こんなに急だっけ・・息が切れる。
やや左方向にトラバースしながら尾根に取り付くと、そこから先は切り通しの歩きやすい登山道となる。
紅葉は今ひとつですが、それでも黄葉が美しいブナ回廊となります。サクサクと気持ちイイ〜

AM9:20 三重嶽山頂  誰もおらず静か・・
以前、山頂にあったヤグラは跡形もなくなくなっていて、遠くまで見ることができず残念でした (^_^;)
たまにはこんな山もいいね、junさんもいつになくのんびりと座って休憩。
しばらくすると先ほど追い越した単独男性が到着。私たちもそろそろ行きますか!

歩き出してすぐに武奈ヶ嶽と大御影山との分岐。大御影山まで6,1キロ、結構ありますね。
分岐から数分で突然目の前が開け、草原のような景色に出合います。
思わぬ景色に二人とも「わ〜〜っ♪」と歓声!
左手には若狭湾が見え、三十三間山の笹原の稜線もはっきりと見えます。
今日は少し霞がかかり遠くまでは見えませんでしたが、展望がいい日は青葉山や琵琶湖も見えます。

三重嶽から北尾根と呼ばれる稜線を歩きます。高島トレイルらしい美しく気持ちの良い登山道です。
木々の背丈が高くなり、周辺のブナ林は大変美しい。いいですね〜
時々大御影山の反射板が見えます。稜線は大日岳の分岐までぐるりと左に巻くように進みます。
分岐に着くと、大日岳に向う団体さんの声が遠ざかっていきました。
ここから大御影山までは私も歩いたことがある道です。何度歩いても素晴らしい \(^o^)/

電波塔を過ぎ、そこから山頂まではあと僅か。
AM11:20 大御影山山頂  団体さんや単独男女など賑やか♪
会う人会う人が私の顔を見るなりGPSを指差し「これは?」と聞かれる。
本日大人気のGPSでした(^_^;)

とても楽しみにしていた、junさん特製ランチ (^O^)/
バケットに生ハムとチーズ、フワフワスクランブルを挟んでサンドイッチ!
オイルサーデンバルサミコ風味♪それから挽きたてのコーヒー♪
junシェフの手際良さにびっくり、山にいるとは思えないランチタイム。
これは癖になりそうです。また次回もよろしく m(__)m

ステキなランチに気をよくした私、今日の山はこれでおしま〜い!って気分でした。でも甘かった!
下り始めは調子よく、おしゃべりをしながら下っていきます。
大谷山との分岐からさらに進み、しばらくで林道に降ります。少し戸惑いますが進行方向左手奥に道標。
段差を乗り越えるとビラデスト今津の道標があります、そこからまた登山道に入ります。

紅葉も綺麗で琵琶湖が見えるポイントもあります。もっと降ると少しづつ登山道の雰囲気が変わります。
「あれっ!」と思った時にはすでに遅し、滝谷山の分岐を見逃して下り過ぎていました。
少しずつ戻りながら、junさんがGPSと地図で確認してくれます。「あっちの尾根だな、もう少し戻ろう!」
さすが山スキーで鍛えた感覚は鋭い、私ももっともっと勉強しなくては・・

PM2:35 滝谷山山頂!!やった〜\(^o^)/\(^o^)/
やっとこさ、到着ですが・・
ここが山頂?って感じで展望も何にもありませ〜ん(^_^;)
でも気分は最高〜ありがとうございました。

山頂からも、あまり歩かれてなさそうな登山道が続き、かなり、かなり、かなり急な階段が現れます。
踏み外すと奈落の底・・・って感じです。それを下り切ると堰堤に出ました。
ここでまたまた「???」 665付近で落合の分岐があったはずだけど見逃してしまったみたい。
もう少し下調べをちゃんとしていれば大丈夫だったかな・・すいません (^^ゞ

そんな間違いも何のその、まっいいか!ってことで川を渡り、林道に出ました。ここにも休憩舎があり。
PM3:05 滝谷登山口到着。
持っていた高島トレイルのマップにはない遊歩道や道もあるらしく、やはり駐車したところから外れて
降りてきてしまったようです。ここから林道を30分ほど歩くことになります。

この高島トレイルマップには、他にも小さな間違いも所々あるので要注意。
ちゃんと2万五千の地図を持参し、それを読めなくてはいけない。
もちろんGPSも使いこなせるよう、もっと練習しなきゃと思いました。

林道の真ん中にサッカーボールくらいの蜂の巣が落ちていました!デカッ!
そんなのも楽しみながらのんびり車まで戻りました。
その後、ビラデスト今津で貸切状態のお風呂に入り、無事帰宅。



高島トレイルは癒しの道・・癒しのブナ回廊・・
M系登山のjunさんと焦らずゆったりの一日を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました、感謝 m(__)m

写真:junさんから頂きました