最後は延々と植林の中を下ります、それでも旧の遠足尾根コースよりはマシだと思います。
っていうか、中道と裏道は崩壊が進み危険ルートになってしまい、金山尾根と遠足尾根が
ノーマルルートとなってしまったんでしょうか。山は変化しています。

そして私たちも順調に新遠足尾根の登山口に着きました。
今日は楽しく、良い一日でした。登りルートを少し間違ってしまいましたが何とか任務も無事終了です。
感謝でした m(__)m

また次回皆さんとどこかへ行こうと話しました、どこがいいかな(*^^)v

竜ヶ岳 中道~新・遠足尾根    2014年5月19日(月)

山頂付近ではまだ少なかったシロヤシオの花が中間部では満開で嬉しくなります。
振り返ると山頂があんなに遠くなっていました、結構下っていたんですね。

五階滝に到着です。今日は気温が上がり暑くて暑くてそれだけで疲れてしまいます。
滝の淵は涼しくて気持ちがいいです。
少し先にまた滝か?と思っていたら大きな堰堤でした、これは懐かしい。初めて竜ヶ岳に来た時に
これを下った記憶があります。懐かしいなぁ~

  三重県いなべ市    1099m 

ここからは植林地帯に入ります、かなり急斜面ですが道はしっかりしています。
一か所だけ何故か、岩ゴロゴロのピークを登り下ります。これしか道が取れなかったようですね。

私が以前登った時の遠足尾根は、下部は急登で藪に近い状態だったと記憶しています。
ところが今はこんなに歩かれて、まるでホウキで掃いたような登山道に・・・人の歩はすごいものです。
ビックリしました。

これが最後のシロヤシオのトンネル、皆さん大満足の笑顔ですね~
だけど遠足尾根は長いので・・・まだまだこれからしんどいかもですm(__)m 頑張って!!

この木は花でいっぱいです。

それぞれ思い思いに写真を撮り、景色を楽しみながら山頂を目指します。
さすが人気の山で平日でも結構多くの人が登ってきます、週末はもっと多いでしょうね(^_-)-☆

山頂は360°パノラマです、そして遠くには白山や乗鞍岳、御嶽まで見えました。
お弁当を食べたり、昼寝をしたり、まったり過ごしました。

眼下には素晴らしい景色が広がっています。師匠さまもお友達も「素晴らしい景色だ」と言って
喜んでくれています、シロヤシオの咲き具合がイマイチだったので心配していましたがホッとしました。

反対側の斜面を見ると咲き始めのシロヤシオ
まだ羊の群れにはなっていませんが、これだけでも嬉しいです

この最後の斜面が辛かったみたいですが休み休み登ります。白い岩肌の大ガレを横目に見ながら・・・
最後はその大ガレを上からのぞくと今も崩壊が続いているようでした。
上部では地面がひび割れているので近づくと危険です。
ここからさらに登ると・・・

結構長い鉄ハシゴを登ります、こんな堰堤を二つ登り、下ったり登ったり・・・
そのアップダウンに嫌気がさしますが、時々休憩をとりながら頑張って頂きます(*^_^*)
途中で頂いた夏ミカンがおいしかったです。
メンバーは皆さん毎日のように手筒山に登ってトレーニングされているので健脚です。
かなり急登が続くのでまめに水分補給します。

観光案内所でもらった地図を見ながら歩きましたが、数字がいっぱいで・・・
崩れかけた橋をドキドキしながら渡り、足場の悪い登山道を登ったり下りたりします。

シロヤシオと遠くに見える御在所岳

この辺もシロヤシオが満開です。本当に美しく愛らしい花です。

金山尾根の分岐辺りにもシロヤシオが咲いていました。

振り返って見る竜ヶ岳山頂、いい景色ですね。

さぁ景色を十分に楽しんだので下山開始です。
下りは少々長いですが、新遠足尾根を行きましょう。

この辺りではシロヤシオが満開でトンネルみたいでした

本日はカメラのお師匠さまとそのお友達を「良い山」にご案内するためにこの竜ヶ岳に来ました。
私の任務は案内とカメラアシスタント(笑) 頑張りま~す(*^^)v

とは言え、友人からのシロヤシオ情報では見ごろは週末とのこと・・・一応お師匠さまに連絡するも
皆さんのスケジュールが合わないらしく、予定通り月曜日ということになりました。
なのでシロヤシオは期待できません、ま・・・少し見れたらいいかな。

宇賀渓の駐車場に到着、駐車代を支払いトイレをお借りし出発準備をします。
念のために靴には「ヒルさがりのジョニー」を!!
林道をどんどん歩き、以前の遠足尾根の取付であった橋を渡ります。今はもっと先に新遠足尾根の
登山口がありました。
その登山口もやり過ごしさらに奥へ。