小津権現山〜花房山  2013年4月23日(火)

 岐阜県揖斐市   1158〜1190m 
キクザキイチゲ ミヤマカタバミ カタクリ
ショウジョウバカマ カンアオイ

ジオンさんから小津権現山〜花房山に行くと聞き、予定もなかったのでご一緒させてもらいました。
長い杖を持って健脚なN村さんとは以前もどこかでご一緒していて今回が2度目です。

家から1時間もかからず到着で自分でもビックリ(@_@;) 揖斐の道の駅で合流して車を下山口にデポして
戻りました。一般的には花房山から登るみたいでですが、今回はN村さんの提案で反対回りです。
登山口からしばらくは鉄塔jの巡視路になっているようで登山道は安定しています

鉄塔23番の周囲は木がないので見晴らしが良い、ちょっと休憩します。
鉄塔を巻いてから登山道は急になっていきます、そしてポッと林道に出ました(笑)
ここからも道は良く整備されていて快適快適!もっと藪かと思っていましたが意外でした。

遠くに花房山が見えます、目標までまだまだですね。頑張りましょう〜
そして今度は植林広場に出ました。公園みたいなところです。小さな苗木に植えた人の名前があるはず
ですが全部消えていました・・ジオンさんも植えられたそうですが見当たらないということでした。

遠くに農郷白山、そしてその向こうに真っ白な山・・・白山。

少しだけ雪が残っていますがまぁ歩けます、大きな桧もお目見えです。
さすが美濃の山ですね、雰囲気が違います。奥深い感じ・・・こういうのがいいですね。

小津権現山の写真を撮り忘れました(>_<) 山頂から白山がドッカーンです。
少々休憩してから出発です、。

山頂から少し下って雪が残った尾根を行きます、そこで衣類調整をしている間に2人を見失います。
雪の上にトレースがなくなり、どうしようかと・・・名前を呼ぶと違う方から応答が・・・間違えました!!
右に戻り、合流できました。ホッ・・・すいません。

先はそれほど迷いやすいところはなく道はしっかりしています。
ブルーのキクザキイチゲに嬉しくなって写真を撮ります。カタクリの健在でした、可愛い・・
そして看板のあるところの奥にモレ谷の分岐があります、ここからも登って来れるらしい。興味あり(笑)

尾根に出て展望を楽しみます、さっきまでいた小津権現山と縦走路が見えます、だいぶ歩きましたね。
そして前方には目標地点の花房山です。あと少しですが登り返しがあります(>_<)

双耳峰の間の谷に雪が残っています、その奥に小津権現山が見えて感動!!
最後の登りが急でした、頑張って登って山頂へ〜長かったですね、でもやっと到着です。
N村さん、お年は73才だそうですがお元気です\(^o^)/

山頂からの展望は素晴らしいものでした。山座同定を楽しみます♪
周辺に見える山々は行きたい美濃の山々・・あっちもこっちも行きたい。
能郷白山の隣に大きくて白い白山・・感涙!

写真を撮ったりランチを楽しんだり・・・
フッと見るとなんと御嶽山と乗鞍岳まで見えていましたーーー\(^o^)/

登って来た尾根から小津権現山、その縦走路、そして花房山の登り・・
全部見えます。よく歩きましたm(__)m

山頂から一般道へ・・・こちらの方が藪ですね・・・ポッコリと見えるピークまで藪をこいで行きます。
小津権現山のほうよりこちらの道のほうが歩かれているはずなんですけど、少しの間ですがなぜか藪。

展望に見惚れてしまいますね、来た道も遠い。あれを歩いて来たんですね〜やったね!!

花房山から薮はしばらくで、そこから下りは道はしっかりしていました。
しかし急です、これを登るのも辛そうですが降りるのはもっと大変かも(笑)
登山道脇にはイワウチワの群生、歩いても歩いても歩いても・・・ずっとイワウチワでした。みごと・・・

花房山1/2 と書かれたところに到着です。かなり降りてきましたね、ちょっと足が疲れてきました。

大きな木のベンチ、ちょうどよい休憩ポイントですね〜お茶を飲んでしばらく休憩しましょう。
下のほうはブナの新緑が素晴らしかったです。眩しいくらいでした。
新緑を楽しんでいるとほどなく駐車場に出ました。車に乗って登山口の藤波谷に戻ります。
長い縦走路でしたがお2人のおかげで楽しく歩けました、感謝です。

ご挨拶をしてお別れ、また303で帰ります。道の駅にも寄りたかったけど遅くなったのでやめました。
それでも夕食の準備には十分間に合って良かった。
予想より揖斐は近かった(笑) この周辺にはまだまだ登りたい山があるのでまた来ます♪