鬼ヶ牙東稜  2012年7月16日(火)

 三重県亀山市   標高488m 

石谷側遡行の記録へ

前回雨で流れた「鬼ヶ牙東稜&石谷川遡行」の計画。
ところが三連休最後の日が晴れそうってことで再度計画されました。
一日でクライミングと沢が楽しめるっていう贅沢な企画です。

ここはM氏も始めてということ、まずは最初のスラブへ・・・
でもどうもおかしい、上部まで行って分かったのですが登りたかったスラブは
ここではなく、もっと右に行ったところでした。
取り付きから間違えていたようです。
でももうある程度登ってしまったので、今回は諦めこのまま進むことにしました。
残念!!

やはり登りたかったスラブとは違い、何だかあっけなく終了してしまいました。
ここから本来のルートに戻るために、ヤブ漕ぎクライミングでした(笑) 岩も脆すぎて崩れるし、怖いっ!
慎重にロープを進め、しばらくで開けたところに出ます。記録で見たことがある風景です(*^_^*)

これが記録で見ていた写真と同じ岩塊、本来のルートに出たようです。
中間まで直登し、上部で少し左へ回り込み、最後の岩の上に出ます。
快適ですが岩が脆いのがたまに傷。掴んだ岩がボロッとほどけるんです、そんな馬鹿な!?みたいに。
真下には林道があり車も走っているので、決して落とさないようにしなくてはなりません。
ロープ裁き、足捌きに相当気を使い登ります・・・登った岩の上から見ると爽快です。

高速道路が見えますね、ちょこっとクライミングにはとても良いコースかもしれません。
ただ、何度も言いますが岩はかなり脆いので注意が必要です(~_~;)
ここからさらに岩の塊を乗っ越し、やや右に出ます。先はさらに脆く狭いリッジになります。

M氏から頂いた写真、私ピースしてます。
あかんって、そんなところに乗ったら(笑)

これが登ってきたリッジです、左上に高速が見えます。かなり高度感があるでしょ。
ヨウメイさんが登ってきます、彼は背も高いのでもっと上から見ているわけで
怖いかもね(笑)

松の生えた岩に回り込んで鞍部に出るとそろそろ終了です。
ここでロープをしまい、靴を履き替えます。気温がかなり上昇中、暑い!!
木の間から下を覗くと、このあと行く石谷川の入渓地点が見えました。駐車場にも車が数台。
川には三名ほどが入渓したようで、歩いているのが見えています。

最後の岩の塊を乗っ越しさらに稜線を進みます、少々アップダウン有り。
そして小さなピークに東峰のプレートあり、さらに進みます。

登山靴は楽チンです、次の小さなピークは南峰。木々の間から景色が見れイイ感じです。
とにかく暑いので、気持ちは沢へ。でも私、鬼ヶ牙のピークは未踏なので行かねばなりません(笑)

振り返り見る東峰

最後に登りがあって山頂へ到着\(^o^)/ やったー憧れのプレートです(笑)
ここからの展望が最高、風も通るのでホッと一息できました。少し水分補給して下ります。

いくつが分岐があるので注意が必要です、
私たちはこちらへ。。。下りはいつもあっという間です(笑)
そして駐車地に戻り、石谷川に向います。




続きはこちら