最終下ってからまた少しのアップダウンをこなします、あと少しなので我慢ですね(*^^)v
この鉄塔は最後のピーク463です、きっちり登って戻ります。
鉄塔から方向を変えてトラバースして戻りますと下に七廻峠のアスファルトが見えました。

七尾山  2014年10月30日(木)

峠に降りると反対側は以前に登ったカナヤマの入口、これも三年前に繋ぎました。
ここからは少し藪でしたが今はどうでしょうか・・また行きたいな。

勘違いしていましたが、七廻峠からは天吉寺山までしか繋いでいなかった(+_+)
ここから先を繋いで鳥越峠に降りないと!!そうすると金糞岳に繋がってさらにさらに繋ぐことが可能
これもまた楽しみです(#^^#)


今日は一年ぶりに山岳会の方々とご一緒できて嬉しかったです、感謝 m(__)m

このルートは以前にジオンさんと歩きましたがその時に点標:指南山の三角点を見逃していました。
ちょうど山岳会の企画で七尾山があったので久しぶりに参加させてもらいました。
余呉トレイルを繋いでいるメンバーなので話しをしても楽しいのです、よろしくお願いしますm(__)m

まずは七廻峠に2台デポします。その後南池へ・・集落の方にお願いして南池会館前に駐車させて
頂きました。「昨日集落内に熊が出たので気を付けるように」との忠告を頂き出発です(怖ーい)

10分ほど歩くと登山口へ、以前は分かりにくかった入り口に立派な登山口の看板が設置してあります。
熊出没の看板と共に・・・(*_*)
奥に進みます、今日は参加者も多く熊鈴も必要ないかも~

 滋賀県彦根市   690~568m 

大好きなイブちゃんです(^O^)/

そこから稜線をいったん下ります。もったいないけど結構下ります(笑)
でもこの下りで素敵な展望があるのです、紅葉も見えるし最高の山日和でした。

以前も見た双体道祖神です、手を合わせて通過させてもらいますm(__)m
この辺りは平坦な道で歩きやすい、紅葉もちょうどいい感じで、時々木々の間から山が見える。

何度か鉄塔を横切ったり潜ったりしながら進みます、巡視路があるので快適です。
北ノ郷へのプレートも・・・いろいろ歩いている人がいるのですね。
途中の展望地付近でランチとします。大垣の方から美味しい柿を頂き感動~~すごく美味です。

一時間半ほどで七尾山山頂に到着です、そこでまたビックリ!山頂も背丈ほどの藪の中だったのに!
笹は刈り払われて広い台地になっていました(^^; ここで冷たいフルーツなど頂き休憩しました。
ここから稜線を辿りながら点標:指南山を目指します。入り口は少し藪っぽいですが道はあります。

ここは下の集落からの分岐でしょうか、文字は消えていましたが看板がありました。
痩せ尾根もトラロープが張ってあります、これも以前はありませんでした。

前に来た時よりも登山道が整備されており、旗を裂いたテープも撤去されていました。その代わりに
絵馬のようなプレートが次々と・・・努力、とか必勝とか・・・美容室の宣伝も(笑)
道を塞いでいた倒木も取り払われていました、快適ですが急登ですね。

以前は植林の伐採で隠れていたらしい「点標:指南山」の三角点!すぐに見つかってしまいました(笑)
登山道から数メートルのところです、何だったんだ~~(^^;
でも三年も思い続けた三角点なので大喜びです、熊に出会わなかったので私が熊になって記念写真。