妙理山〜新谷山

六所神社〜東妙理山(746m)〜妙理山(901.5m)〜尾根分岐〜新谷山(662m)〜白浪越

2011.10.6(木)

工事中の摺墨小谷線に出ました。退屈な林道を下ります・・・
やっと白浪越のデポした車のところに到着しました。六所神社に戻り車を回収します。
ウッディパル余呉に立ち寄り、下山報告を・・・
今回の余呉トレイルも楽しゅうございました、ありがとうございましたm(__)m


帰宅後、首の後ろにマダニが食い付いておりました、思わず引きちぎってしまったので慌てて病院へ・・・
抗生剤と塗り薬を出してもらいました。笹薮は怖い・・・いい勉強になりました。

ウッディパル余呉でジオンさん、kayoさんと待ち合わせ♪
中で余呉トレイル登山道の話を伺い、とても参考になりました。
東妙理山には六所神社の登山口の他にショートカットして登る
取り付きがあるとのことで行ってみることにします。
ありがとうございましたm(__)m

下山口の林道摺墨小谷線、白浪越に車を一台デポします。その後、もう一台で先ほど伺った妙理山への
ショートカット出来る入り口まで車を走らせます。うろうろしましたが、結局どこか分からず戻りました(^_^;)

やはり一番わかりやすい登山口である六所神社から登る事にします。
しかし他の余呉トレイルに負けず劣らず、ここもいきなりの急登です、
これぞ余呉トレイルの醍醐味でしょうか。

余呉トレイル

もうふくらはぎがパンパンや〜とか何とか言いながら、それでもガンバリます(皆さん体力あります)
ヤブコギ覚悟でしたが、少し整備してくださったようでテープも有り、快適登山道です(でも急登ですよ)
東妙理山を示すおなじみYTCの杭がありました、この辺りがブナ平。

素晴らしいブナ林に癒されつつ進みます。時々獣臭がするのでドキドキしながら・・・
一度は何か目の前を走りましたよ、茶色だったので熊ではなさそうでした。
先ほどの杭から14分ほどで東妙理山に到着です、先ほどから素晴らしいブナが続いています。、

巨木も多く点在します

紅葉や新緑の頃にも訪れてみたいですね〜

帰りに使う新谷山への尾根道を確認、テープがあり、間違いないということでインプットしておきます。
前回、妙理山へ行った時に、山頂からこの道を覗いていたのですが、急登だろうなぁと思っていました。
全員そう覚悟していたのですが、実際はそれほどでもなかったような・・・急登に慣れた?(笑)
約2週間前にも来た「妙理山」に到着です。まさかこんなに早く2度目の登頂を果たすとは・・・

楽しいランチのあとは、未踏の新谷山を目指します。さて、どんな所なのでしょう!(^^)!
来た道を少し戻ります。先ほど確認していた尾根に向かい下山の登山道から外れます、ワクワクする〜
時々遠くて近い山並が見えますがよくわかりません。

テープはありますが、道は・・・あるようでない(笑) 
ま・・・余呉トレイルはこんな感じで良いのではないかな。これから多くの人が歩けば道はできるでしょう

いきなり林道???らしき道にでました。帰ってからGPSと写真の時刻を確認すると、この辺りが
P701でした。そこから林道を進むか尾根に進みか悩みますが、やはり尾根に出ることにします。
でも、それはそれは激藪でした m(__)m 
そんなこんなで帰宅後に発覚しますが、ジオンさんと私はダニお持ち帰りとなります。

激藪から解放されると、また林道に合流です。仕方がないのでそのまま林道で降りることにします。
地図とGPSで確認、新谷山山頂を発見!薄暗い樹林の中にテープ有り、進みますと三角点!!
やったー!とりあえず目標達成でしたね、ヨカッタ。特に展望もない薄暗いピークでしたが(^^ゞ

疲れたので林道にしゃがんでお茶にしました。少し休憩後、出発。と、言っても林道歩きですが・・・
余呉トレイルはまだまだ未整備の所があり、林道に出るというケースが多々あります。
林道は地形が変化しているので地図を見ても今ひとつはっきりせず要注意です。
それに林道は大きく九十九折れになっているもので、私のような初心者は方向感覚もズレてしまいます。