越前陶芸村
大好きな陶器を探しに出かけました。
宮崎村は久しぶりです。

以前は500円玉貯金をして年に一度、陶芸祭りの時に来たり
越前漆器の作品を見に行ったりしていました。
気に入った器や作品を見ているだけで楽しかったのです。
芸術性やそれぞれの作家さんにも興味がありました。

一つのことに凝り固まるのもいいけれど
やはりいろんな方向に目を向けなきゃ
人は美しくなれないかもしれない(精神面でね)
ということに気付かされることが多い今日この頃(笑)

っていうより
自分にはこういう時間がすごく大切なんです・・・
以前の自分に少し戻ったような
忘れていた静かでそして大切な時間を思い出した気がしました。

木の上の鳥

店内は若い陶芸家たちの作品がたくさんあります。
時間をかけて手にとって見せていただき、吟味できました。
気に入ったものが数点ありましたので、購入。
まだまだ欲しいものがあったのですがそれはまた次回にします。

隣の蕎麦屋「だいこん舎」へ
以前は鯖江にあった人気店です、オーナーも変わってこちらへ移転したようです。
このあたりでは「越前そば」が一般的です。
季節を問わず、汁は冷たくて大根おろしと鰹節が乗っています。
私は本来はざるかせいろしか頂きませんが、越前に来たらなるべく越前蕎麦を楽しみます。
それぞれの店で器に凝っているのでそれも楽しみの一つだからです。
汁が少ないので普通のどんぶりより浅くて小さいのが特徴です。
男性なら3杯くらい注文しないと足らないでしょう。
今回はセットメニューにしました、ご飯とかき揚げなどのおかずと小さな蕎麦が付いていました。

どちらのお店もゆったりと時間が過ぎていく感じで楽しませていただきました。
感謝 m(__)m