2007.10.6〜7

「孤高の人」を読んで知った北鎌尾根。当然のことのように、そこは私が行くようなところではないと思っていました。
でもいつしかバリエーションに憧れるようになり、辛い山行、難しいルート、など貴重な経験をさせてもらいました。
そして昨年の10月、北鎌尾根に挑戦するも前夜の雪で水俣乗越から急遽コース変更、北鎌の夢は消えました。
あれから一年・・・再度北鎌尾根から槍へ。もし3日間天気が良ければプラスα付けての計画!楽しみです(#^.^#)

二日目の記録へ

一日目の記録

槍ヶ岳北鎌尾根

3,180m

平湯発、AM5:30のバスで上高地へ入りました。バスターミナルで登山届けを出し、出発準備をします。
AM6:00 過酷な1日の始まりです。今回はkyuちゃんが参加してくれて、心強く楽しい山行になりそうな
予感です♪彼女はかなりの健脚、体力も相当あるはず!と私は思っているのですが、kyuちゃん自身は
「みれちゃんよりか弱い」と、言ってました(^^ゞ あはっ・・私の方がか弱いで〜と、どっちも譲らず! 
さてさて・・・本物のか弱き私はこの2人に着いて行けるのか・・・いつもより不安を感じながらの出発。
ちょっと緊張しているのでした。
河童橋付近はまだ早朝ということもあり観光客は少なめ。でも登山者はいっぱいです。

明神が見えています、いつか行くで〜(*^^)v そして思い出の前穂北尾根。
それから屏風岩も!見ているだけで幸せ〜何か変?!

お猿さん一家も朝のお散歩、徳沢や横尾のキャンプ場のテントは思ったよりも少なかったです。今年は
紅葉も少し遅いかな?来週辺りはもの凄い人なんじゃないでしょうか。それでも涸沢に向かう人が多く
ベンチの辺りは賑やかでした。
横尾まで2時間ちょっと。結構いいペース(って言うかちょっと早過ぎ!)今から思えば、たぶん焦ってい
たのかも (>_<)  AM8:15 横尾出発。

横尾から急に人が少なくなって、静かな登山道を黙々と歩きます。やはり人気は涸沢と奥穂がなぁ (^_^;)
少しずつ足が重くなってきた、アカン!疲れている。少し休みたいと思った頃、槍沢ロッジに到着です。
3時間半ほどでここまで来てしまいました。休憩して水分補給。AM9:33 出発

自分的には今回の北鎌にはそれほどプレッシャーは感じていなかったはずなのです。いつも通りにやれ
ば行ける!という変な自信がありました。でも今朝の自分は明らかにいつもと違う・・今日のメンバーに
着いて行けないかもしれないという大きな不安と今日中に北鎌のコルに行かなければという重圧。
前日まで楽に考えていたのに、ゆとりがない。あぁ〜神様!私に力を下さい!

AM10:18 槍沢大曲、水俣乗越と槍ヶ岳メインルートの分岐です。ここで7〜8名が休憩していました。
ヘルメットを持ったパーティも1組、この人たちも北鎌かな・・私達も少し休憩、最悪なことに足が攣って
きそうな感じがしたのですが、この時点では言い出せません。
ここからかなりの急登となります、歩き出して40分ほどの所で両足が攣って歩けなくなってしまいました。
急斜面にザックを置いて5分ほどマッサージ(>_<) 大曲からたった400mの急登でこの有様、ここまで
飛ばし過ぎたこともかなり影響している。

AM11:25 痛い足を引きずりながら這い上がるようにして水俣乗越へ。ここから天上沢に急降下。その
前に昼食を取ってしまおうということで大休憩にします。靴を脱いで足をマッサージするのですが、少しで
も体を動かそうとすると足が攣ってしまう、休憩中もプレッシャーがか弱き私を襲ってくるのでした(>_<) 

しばらくして二組のカップルが来られ話をしました、西岳に向かうというお2人は「山と雪と宴会ヶ岳」という
ブログのみいさんご夫婦でした。実は年末の北岳でもニアミスしていたのをレポで見て知っていたのです
(*^^)v それまで落ち込んでいた私でしたが、少しお話をして、お2人のステキな笑顔に救われた気がしま
した。そしてみいさんご夫婦は西岳へ・・・私達は水俣乗越直下の急な草付を下ります。PM12:05 
昨年挑戦した時はここで20〜30センチの積雪でした、あの時は本当に怖かった(>_<) 

イヤ〜な感じの草付を天上沢に向かってしばらく下るとその後は微妙にイヤらしいガレ場に変わります。
慎重に足を運ばないと落石してしまいそう(>_<) また足が攣りそうになりますが痛みを堪えながらダマシ
ダマシ降りました。水俣乗越2470mから北鎌沢出合1830mまで一気に下らなければならないのです。
もったいないなぁ・・左手を見上げると槍ヶ岳が見えてきました。でも、まだまだ下らなければいけません。

やっとのことで河原に下りました、北鎌沢出合まではまだかなりありそう・・歩き辛いゴロゴロの沢を進み
ます。広い河原はどこを歩いても良さそうですが、考えて歩かないと大石に阻まれたりして、歩き辛い。
飽きるほど歩きました、晴れていることだけが救い(^_^;) 以前は北鎌沢出合にはケルンが積まれていた
そうですが、今年はそのケルンが流されているという情報があり、M氏が地図と高度計を確認してくれて
います。その間、私は石にもたれて足を休めます。
PM13:40 北鎌沢出合に到着。立ちはだかるコル・・・これから標高差650mを一気に登り詰めるの
です。ここからが本番、覚悟 (>_<)

正面に美しい三角形の針の木岳、その下には平瀬ダム。
娘との思い出の山です (^O^)/

北鎌沢出合を出発してからは急な沢を登り詰めます、足が重く辛いのですが、ここがガマンの為所!!
10〜15分ほどで分岐です、左俣は水が豊富に流れていますが、右俣は伏流です。まだまだ上にも水
がありそうですが、ここで補給。自分の飲み水以外に、2gの水を担ぎ上げる予定でした。この時点で
足も攣らなくなっていたし、時間的にもまずまずだったので大丈夫だと思っていたのですが・・・
気遣って「体力には自信があるから!」と何度も言ってくれる友に甘えて、半分の1gを持ってもらうこと
に.、感謝です m(__)m 
個人的には精神的にかなり堪えました。山頂を目指す者としてこれでいいのか・・もっと頑張れるのでは
ないか・・イヤ、ここに来るにはまだ早すぎたのではないか・・などと自分の中で葛藤は続きます。
この山行の中で、この時が一番辛かった (>_<)

北鎌沢の登りはまさに急登の連続でした。だんだんと足が上がらなくなり、喘ぎながら登り詰めます(>_<)
途中2箇所ほど大岩を登ったり、沢登りのようにルートを選びながら進みます。右俣は伏流と聞いていま
したが、この日はほとんど上部まで水が流れていました。
最後は草付きのいやらしいトラバースがありました。その時、見上げると稜線に人がいました。「そのま
ま来ればコルだよ」と言ってくれて、その人のほうに登り詰めます。やっとコルに着いた〜\(^o^)/
AM15:44 北鎌沢のコル。出合から2時間程度で到着。まずまずのペースでホッとしました、M氏と友
に感謝しなくては・・ここまで頑張って良かった、ありがとう m(__)m

これまでネットなどで北鎌沢の情報をたくさん見てきました。様々なルート情報があり、それを鵜呑みに
して枝沢に入り込み岩壁に行き詰まり大変危険な思いをした人、実際にここで行方不明になった人や
滑落などの事故もあるようです。今、自分が歩いてみて、基本は読図なんだなぁと改めて実感しました。

コルでしばらく休憩、テントを張っていた男性2名とお話をしました、福井の山にも来られるということで
短い時間でしたが楽しいひと時を過ごせました。途中に出会った2名の若い男性はまだコルには来て
いないと聞き、心配になります。でも彼らは北鎌は3度目だと話していましたから、大丈夫でしょう。
あと1時間ほど頑張れば、天狗の腰掛。「頑張れるか?」と聞かれて思わず「ハイ!」と答えました。
少しでも前進した方が明日が楽になります、あとひと分張り・・・頑張れる!

北鎌沢のコルから先もなかなかハードなコースでした。踏み跡はあるものの、狭い岩場、草付きのスラブ
ハイマツ帯の急登、踏み跡は左右どちらでも行けそうな所も、微妙にイヤらしい箇所も多々あり (>_<)
アップダウンもあり、疲れた体を持ち上げるのに必死!でも、影になっている急な斜面でライチョウ君に
も会えて嬉しくなっちゃいました (#^.^#)

尾根の向こうに前穂北尾根が見えました\(^o^)/

ハードなハイマツ帯、痩せ尾根を何とか乗り越えると、ドッカ〜ンと現れたのは威風堂々の独標です(^^♪
あ・・写真で見たまんまの岩の塊だぁ〜すご〜い!

PM16:53 独標手前、P9(天狗の腰掛)に到着。そして本日の行動はここでおしまい、やった〜(*^^)v
ぐるりと見渡す遥かな山々、素晴らしい景色です。写真を撮っている間に汗が冷えて寒くなってきました。
テントを張り、夕食までのしばらくの間、休むことにします。中にはいるとすぐにシュラフを出し、冷えて攣
りそうになった足を中に入れます。ついでに足の裏にホッカイロも張って・・暖かい〜(#^.^#)
夕食はカレーライス。いつもながらハードな山行では食欲がない・・でも「少しでもいいから食べろ!」と言
われ、何とか半分だけ食べることができました。心配してくれる仲間がいてくれるのは本当に幸せです。
それから楽しいおしゃべりの後、いつの間にか眠ってしまいました (-_-)zzz

明日が楽しみ♪