北岳

2日目

2007.6.30〜7.1

クリンソウ ゴゼンタチバナ ニリンソウ ツマトリソウ
カラマツソウ イワカガミ ハクサンイチゲ イワベンケイ
キタダケソウ オオヤマノエンドウ
ミヤマキンポウゲ キバナシャクナゲ
ショウジョウバカマ サンカヨウ シナノキンバイ ギンリョウソウ
3193m

天気が良さそうなら、間ノ岳まで足を伸ばすつもりでした。AM3:00 目覚ましで起きます。外は霧で真っ
白でした。念のため身支度をしていると和たんがテントまで来てくれましたが、やはり今日は無理しないで
おこうと・・・もう一度シュラフに入ってゴロゴロします。AM5:00 再度朝食の準備をして小屋に行ってみ
ました。ジオンさんと和たんはもう準備万端、私も急いで朝食を食べます。外に出て、テントを畳み出発準
備をします。二人には先に出発してもらいテントを撤収。霧は晴れませんが、登山道脇には花がいっぱい
で写真をたくさん撮りながら、ゆっくりと頂上に向かいます。トラバース道への分岐AM6:55 昨日の人
はどうしているでしょう、この天気ではヘリはいつ飛ぶのか・・・早く霧が晴れることを祈りました。

登山道はしっかりしていて迷う事はないですが、岩が濡れているので注意しながら歩きます。雨が降って
いるわけではなく、それほど不快指数も多くはありませんでした。行き交う登山者もかなり多く、驚きまし
た。それに皆さんが軽装で、それにも驚きました。例年なら雪も少なくそれでもいいのでしょう。

時々霧が晴れます、その瞬間を見逃さないように写真を。こういうのもたまにはいいですね。
無事に山頂に到着、3人でここに立つことができて良かった、本当に良かった \(^o^)/

両俣小屋(中白峰沢ノ頭)への分岐です、次はあちらにも行ってみたいなぁ。北岳をぐるりと周囲から見
ることができたら・・・和たんのお知り合いがそんなコースを歩かれたということを聞きました。最近縦走
に興味がある私なのです(#^.^#) AM8:40 肩ノ小屋に到着 しばらくベンチに座って休みました。
きっと晴れていれば素晴らしい景色なんだろうなぁ、今日は残念です。

3人が揃ったので下ることにします、今日はもう北岳とはお別れ・・・もう少しここに居たい。またもう一度来
たい、少しジーンとしてしまいました (>_<)  岩場を過ぎると雪渓が残っています、和たんはどんどん下っ
てしまいます。あれれ?分岐を過ぎて小太郎尾根に向かっているようです、大声で道が違うことを伝えま
す、気持ちのいい尾根だから通り過ぎちゃったと和たん。稜線から左のハイマツ方向へ下り、雪渓のトラ
バースに向かいます。最初の一歩でズリッと・・神経を使いました (>_<)

時々霧が晴れ、鳳凰三山や北岳が見えました \(^o^)/

AM10:00 大樺沢と草すべりの分岐 ここまで下りてくると空が真っ青に (^^♪ みんな、はしゃいでい
ます、山頂がこんなだと言う事なしでしたが、まぁ山というものはこんなもんでしょう。花も沢山咲いていて
嬉しかった。他の登山者の方々も大喜び、花の名前を教えていただきました。
途中で何度かヘリの音が聞こえてきました。良かった、やっと飛べたんだ・・・

しばらく樹林帯を行くと雪渓がありました、その先に池とテント場が見えます。尻セードしたいけど、濡れそ
うなので止めました。後で聞いたら、和たんは尻セードを存分に楽しんだということでした。
白根御池小屋 AM11:05 ここで簡単に昼食を食べることにしました。昨日、テント場でご一緒だった
人と再会しました。私達と同じコースで下山されるのでしょう。 

AM11:40 気持ちのいいシラビソの林です。ここからもとても長い距離を歩きます、激下りが続くので
すが、バス(PM1:15)に間に合わないと困るので急ぐことにしました。
AM1:00 吊橋に到着、やった〜っ!ギリギリセーフです。この後、広河原⇒夜叉神までバスに乗りま
した。それから近くの金沢温泉でキレイサッパリ!ここでまた昨日のテント場の人たちと再会しました。
実はその人とはキタダケソウの群生地でもお話していたのです。車のナンバーと見て、気をつけて帰っ
てくださいねと言っていただきました。本当に、本当に感謝です。私にとっては、つらい思い出も多い山
となってしまいましたが、それでもやっぱりまたこの山に来たいと思うのです。

出会った花たち

マウスを置いてね