唐松岳

2696m

2007.8.25〜26

シロバナクモマニガナ タカネマツムシソウ タテヤマウツボグサ
ミヤマトリカブト カライトソウ ヤマハハコ
タテヤマリンドウ ハクサンフウロ トウヤクリンドウ
イワギキョウ イブキジャコウソウ ウメバチソウ
出会った花たち
毎年恒例になっている娘との夏山テント泊。就職してから運動不足ということで、ロープウエイで簡単に
登れそうな山を考えていました。ところが本人から「縦走は無理だけど、4〜5時間は歩きたい」と要望
がありビックリ (^_^;) いろいろ候補を挙げて、娘は未踏、私は行ったことのある唐松岳に決めました。
八方は家族で毎年スキーに通ったところなので思い出話をしながらゴンドラ、リフトに乗りました。
双耳峰の鹿島槍と五竜が見えます。五竜は47だよと説明してあげると納得したようでした。

今回は縦走ナシの計画なので、星空と美味しいディナーを食べようとたくさんの食材を持ち上げました。
水分とドリンク、テント一式を含めるとズッシリ・・でも娘の喜ぶ顔が見たくて頑張る母なのです \(^o^)/
そして今日はこの青空です、お年頃の娘は日焼け止めをたっぷり塗っています。トイレを済ませ、観光客
でいっぱいの八方池山荘を出発、しばらくは整備された木道を歩きます。第2ケルン、第3ケルンを通過
すると八方池が見えました。前に来た時は雪の下だったので、この池を見るのは初めて!感動しました。

青空の下、白馬三山や八方池がきれいです。

若さでしょうか・・・娘は年に一度しかアルプスを歩かないのに快調な足取りです。ザックの重さにか弱き
母は今にも倒れそう (^^ゞ 樹林帯は風もなくム〜ッとした暑さ、何度も休憩しながら水分補給しました。
少し涼しい風が吹くなぁと思ったら雪渓が見えました、たくさんの人が休憩していましたが、私達は明日
寄る事にして先に進みます。チングルマの穂が朝の光に輝いて眩しいくらい♪

遅れ気味の私を心配して、何度も振り返って立ち止まってくれます。ハァ〜何でこんなに持って来たんだ
ろ・・・と後悔もチョッピリ。でも弱音は吐けません、おにぎりを食べたり、クエン酸補給しながら頑張る母
でした、ファイト、イッパーツ!娘にカメラを向けると余裕の笑顔、参りました m(__)m
すれ違ったご夫婦が 「高校生?」と声を掛けています。娘は遠慮がちに 「一応もう社会人です」と・・・
若く見られすぎるのも悲しいものがあるらしい。私なら喜ぶのだけど (^^ゞ

もう少ししたら岩場があるから手前で待ってて、と伝えておきます。 下を覗いて 「きゃーこわ〜い!」と
言っています、前方にはガイド付きの5名のグループが歩いていたので、ゆっくりと付いて行きます。
ボルタリングも何度か一緒に行っていますが、ここはさすがに高度感があるので少し怖いかな (^_^;) 
でも落ち着いて前の人たちの足元を見ながら慎重に歩いています。大丈夫 (*^^)v 

少し緊張した岩場を過ぎると、山荘がいきなり現れます。下から霧が上がってきて一瞬でしたが幻想的
な雰囲気でした (#^.^#) 山荘でテント場の手続きを済ませ、すぐにテント場に急ぎます。ここのテント場
はかなり下にあるので遅くなればなるほど、山荘から遠ざかってしまうのです。

もう何組かの人がテントを張っていて、私達もかなり下で張ることになりそう・・・でも良く見ると一番上の
段にもう一張り空いている様子。ギリギリ張れそうなので、隣のテントの人に「良いですか?」と断ってか
らそこに設営することにしました。整地されていてなかなか快適なテント場です。
荷物を整理してから、コーヒーを入れおやつを食べながらゆっくりと景色を楽しみます。本当に良く頑張
ったね〜そのご褒美は雲海に浮かぶ男前の剣やよ〜\(^o^)/ 「カッコエエやろ〜」と上機嫌の母。
「それがわからん・・・」と娘(^_^;) 

夕食までまだまだ時間があるので、山荘の周りを散策することにします。テント場からの登り返しはなか
なかシンドイ (>_<) 山荘では宿泊客がごった返しています、すごい人数・・テントにして良かった〜(^_^;)
山荘の前も剣を見ながら生ビールを飲む人でいっぱいです、そこを通り過ぎるだけでアルコールの匂い
がします (>_<) 呑めない私はそれだけで酔っ払ってしまいそうでした。
山荘をぐるりと一周してみますとコマクサがまだ咲いていました、もうかなり疲れた感じでしたが見ること
ができて大満足です。

テントに戻り、暗くならないうちに夕食の準備をします。まずはトマトソースのスパゲティ。
トマトとキュウリとミックスビーンズのサラダ、バケット、スープ、メインは極上のステーキ!
(安物のお肉でも山では極上になっちゃうから不思議)美味しいソースも持ってきました。
良い香りです (#^.^#) 娘も期待以上の料理に感激してくれています。しかし・・写真を
撮るのを忘れました(^_^;) 
食事の後も周りを気にしながら小声でいろいろな話をしました。夜中にテントの中から顔
を出して星空を楽しんだり・・そしていつの間にか2人とも夢の中。朝までグッスリ zzzzzz

ご来光は山頂で見ようと約束していたのに、目が覚めたら5時半!もうすっかり日は昇っています。
ま・・いいか!ってことにして、お湯を沸かして紅茶を入れ、朝食の準備です。バケットにハムや野菜を
挟んで、2人とも朝から食欲旺盛でした(^_^;) 今日は下るだけなのでゆっくりと過ごすことにします。
荷物を片付けて、ボチボチとテントを撤収、AM8:00 

山荘でスポーツドリンクを買い、ザックを置いて山頂に向かいました。日の出を見るはずだったので
少し後悔もありましたが、娘はそんなことは気にも留めていない様子で山頂からの景色を楽しんで
います。今朝もイイお天気で暑いくらいです。

槍ヶ岳 (^^♪

山頂でこんなにのんびりと朝を過ごしたのは初めてです、こんなのもたまにはいいなぁ・・と思いました。
もう一日ここに居たいくらいですが、2人とも明日は仕事。下山しましょう (^_^;) 昨日恐々通過した岩場
も 「あれ〜今日は全然怖くないわ〜」と嬉しそうに歩いています、うふふ。ここを下ればこの景色ともお
別れです、写真を撮ったり、休憩しながらゆっくりと下りました。

雪渓のところに行き、また紅茶を入れてお菓子を食べます。(食べてばっかり・・)今朝ゴンドラで登ってき
た人たちで賑やかでした。八方池の辺りまで下りると霧が出てきて展望が全くなくなります。それでも池の
周りはたくさんの人でした。山荘まで一気に下り、ゴンドラとリフトを乗り継いで駐車場へ。 下界の暑さは
半端じゃありませんでした、温泉で汗を流して帰ることにします。初めての温泉でしたがきれいでした。
年に一度の娘と夏テン♪無事に山に行けたことに感謝です、楽しかった〜ありがとう。

来年はどこへ連れて行ってくれるの?帰りの車中でそんな嬉しい事も言ってくれました。あと何年一緒に
行ってくれるでしょうか。その前に山ボードに誘ってみようと密かに企んでいる母でした (^^ゞ