2006.4.29

2669.8m

扇沢〜柏原新道〜南尾根〜南峰〜中峰

前夜自宅を出て扇沢には深夜1時半到着、少し眠ることに・・・3時半起床。朝食、身支度などをする。思ったより寒くはない。ヘッドランプを付け4時30分出発。前方にちらちらとヘッドライトの灯りが見える、いきなりの急登で少し辛い、M氏との距離がどんどん離れていく。しばらくして尾根に取り付くと3名の学生さんが休んでいた、今日は山頂でテント泊だということ。。樹林帯の隙間から針の木岳の稜線が見える。空は青い、風も無さそう、いい感じ!

樹林帯の中は凍っている、アイゼンを付けていないので慎重に進む。急登急登でとても辛い・・・今日は出だしから調子が悪い、足が前に進まない。M氏は何度も立ち止まって待ってくれる。尾根に出ると朝の日差しが気持ちいい。空には熱気球が浮かんでいる、まるで絵のよう♪ここでしばらく休憩、情けないが疲れた・・・ (^_^;) 
下からは先ほどの学生さん達の楽しそうな声が聞こえてくる。元気だな〜若さが羨ましい!

予定では今日は鹿島槍ヶ岳まで行きたかった・・数年前に針ノ木岳〜爺ヶ岳を縦走、昨年の5月には唐松岳〜五竜岳にも行っている。鹿島槍だけが残されているのだ(>_<) しかし今日の私のペースでは絶対に無理だ・・
過去この時期に日帰りをやっているM氏「今日は爺ヶ岳までにしよう」と私のスキー板を自分のザックにくくりつける。荷物を持ってもらうなんて・・本当に情けなくなる。普通なら気持ちのいい尾根歩きだがここで単独者に追い越されガックリ(>_<) JP(ジャンクションピーク)で私の板と靴をデポする。素晴らしい展望に感動しながらあと少し頑張ろう。

やっとの思いで南峰へ。蓮華岳〜針ノ木〜爺までの稜線が美しい、目の前には驚くほど大きな白い剱岳。カッコイイ・・めちゃくちゃ男前の剱岳だ〜(*^^)v 振り返ると遠くに見えるのが四阿山と浅間山だそう。
ふと横を見ると何だか尖がった見覚えのある三角、槍ヶ岳も見えた!

もう少し頑張って中峰まで行く。10時半山頂 !(^^)! さすがに鹿島槍までは遠い・・・アップダウンもある。
時間的には行けそうな気がするが、でも体力はここまで!潔く諦めよう (^^ゞ
山頂は風があって寒いので、JPに戻って昼食とする。

さぁ〜ここから滑走♪針ノ木岳や剱岳をバックに滑る・・・下手でも楽しい (*^^)v

想い出の写真 M氏より頂きました 

朝会った学生さん達が登ってきた「お疲れさま〜」笑顔が清々しい!
お昼前になってスキーヤーやボーダーも続々と上がってくる、針ノ木の雪渓は有名だけど谷は怖いからな・・ここからもデブリがハッキリと見える。
南尾根は迷いやすいので注意が必要、地図を確認しながら慎重にコースを選ぶ。尾根の樹林帯は凍っているのでさらに注意です。
狭い木々の間を滑るのは難しいけど、少し慣れてきたかな〜楽しくなってきた♪雪質がだんだんと悪くなると足が取られてしまう。コワッ!それでも登山口までスキーで下りて来られた、ネコヤナギがお出迎え。
今日は早く帰宅しなければいけないので急ぎ足になったが、楽しく素晴らしい時間を過ごせた m(__)m

爺ヶ岳・南尾根