岩籠山

山コース

2009.3.1

765m

肩の痛みが少し和らぎ、運転ができるようになりました。どこに行こうか・・どちらにしても遠出は無理!
ということで、伊吹山に行く事にしました。ところが木之本を過ぎたあたりで、山頂が雲に隠れているのが
見えガックリ。霊仙にも雲が・・あっさり諦めて、来た道を引き返します。
ところが敦賀に戻ると晴れています!時間は遅いけど、岩籠山山コースから登ることにしましょう。
山集落を過ぎてすぐの赤い橋を渡ると広い駐車場がある、珍しく車が4〜5台の車が止まっていました。
でも登山者ではなさそう・・みんな肩に猟銃を掛けている!!農作物を荒らす鹿の駆除だそうです。
どうしよ(^_^;)とビクビクしていると、「岩籠に行くんか?気をつけてな」と優しいお言葉、ありがとう〜♪

しばらくは気持ちのいい樹林帯をサクサクと歩き、堰堤を二つ過ぎると登山道らしくなってきます。

少し急登になると暑くなってきて上着を脱ぎました。この辺りはもう雪が融けていて歩きやすい。
振り向くと野坂山が綺麗に見えます、少し標高が高い分、野坂のほうが雪は多そうです。

標高600くらいでやっと雪が出てきました。今日の足跡はありません、私一人かなぁ。静かな山です。
稜線に出る少し手前くらいから雪が多くなってきます。でも雪は締まっていて歩きやすい。
近くで鹿の鳴き声が聞こえビックリしました。鹿らしき足跡もあり、糞も落ちています。
時々、雪が融けて木の枝が跳ね上がって「バサッ!」と音がします。ある意味スリル満天 (^^ゞ

尾根にはほとんど雪はありません、ここから分岐までが一番気持ちのいい登山道だと思います。
反射板も見えてきます、夕暮山は反射板の少し手前の稜線上にあります。とりあえず写真を。
いつの間にか青空が少なくなり、雲が出てきました。急いだほうが良さそうです。

野坂山と海も見えます♪滋賀県方面(赤坂山)には雲が出てきました。

反射板のあるピークから少し下ったところもブナ林が綺麗。こちら側はまだ雪が残っているようです。
ほどなく市橋コースとの分岐、肌寒くなって上着を着てから休憩。
岩籠から夕暮山をピストンしたと思われる新しい足跡がありました。山頂に誰かいるかも(*^_^*)

分岐から一旦下って何度か登り返すともうすぐ山頂です。ローソク岩も見えてきます\(^o^)/
ぽっと山頂に飛び出ると一安心。誰かいる・・そこには何と「りんちゃん」が立っていたのでした(*^^)v
以前、銚子ヶ峰〜三ノ峰を縦走したときにも、山頂で彼女と奇跡の遭遇をしたのです!
りんちゃんは意外にも岩籠山は初めてだそう、今日は駄口コースから登って来られました。
駄口コースからは一人の男性が登って来られました。その前にも女性が一人登られていたようです。
今日は駄口コースが人気でした。
りんちゃんは夕暮山にも行っていないというので、山コースを下りて縦走することをお勧めしました。
こちらののブナ林も気に入ってもらえたみたいで良かったです(*^_^*)

下山後は駄口まで送り、車中でも話が弾み、楽しかった〜
りんちゃんとお友達、今日は出会えて嬉しかったです。またどこかで遭遇しましょう♪

夜叉ヶ池、いつもこの時期は広野ダムからはゲートがあり、林道にすら入る事ができません。
以前行った時は、ダムからいきなり股下のラッセル。登山口まで4時間ほどかかりました
その後も何度か挑戦を試みるけど、やっぱり怖いし・・
数日前にあるHPの方が行かれたという記録を見たので、ちょっと林道の偵察に行ってきました。
広野ダムを渡るといつものゲートは確かに外されていました。危険!の看板はありましたが。
想像していた通り、岩や木の枝がゴロゴロ落ちていて気持ちのいいものではありません。
しばらく行くと林道を塞ぐように雪崩れている箇所がありましたが何とか通過・・
でもまた雪崩れ箇所が現れます、端っこにタイヤ跡はあるのですが、右手はガードレールのない川。
挑戦しましたが我が家の車は無理でした。軽自動車なら行けるかなぁ、でも勇気が要りそう。
キャンプ場の少し手前でストップでした。諦めてバックで戻る (^^ゞ
この周辺には気になる山がたくさんありますが一人じゃ無理。
でもその前に、GPS・・何とかしなきゃなぁ(>_<)

広野ダムから笹ヶ峰、美濃俣丸