切り開かれた展望所が、今話題の「福井にもあった天空の城」の撮影ポイント。
これが霧の中にぽっかりと浮かぶと・・・
そんなラッキーな日はなかなかないだろうけどね。

戌山城址はそこからまだ奥にあるようなので本日はここで引き返します。
ここへ登ってくるには他にもいくつか道があってテープが多く付いています。
今回は同行者を待たせてあるので急いで分岐まで戻って下山しました。

低山ながら良い山でした。
登山道は歩きやすく、花もたくさん咲いていたし、何よりも新緑が素晴らしい!
シバザクラも集落いっぱいに咲き乱れているし、地元の方々も明るく親切でした。

天空の城「大野城」とも重ねて、皆さんにもぜひ訪れて頂きたいなぁと思いました。
蕎麦も美味しいですし、七間朝市も有名です(なぜか宣伝)
下山後のお風呂は「あっ宝んど」へ、山でお会いした名古屋からの方々とここでも
会いました、どうもですm(__)m

飯降山     2014年5月7日(水)      

山頂は登山道わきに、あれれ?って感じのところです。登山道はその奥に進み展望所へ行きます。

  福井県大野市    884m 

登山口から2合目~山頂まで可愛い杭があり標高が書かれています。親切ですね(*^_^*)
途中、白山大権現やお地蔵さんがあり小屋もありました、それを通り過ぎてさらに裏へ進みます。

キラッキラ!

分岐から〈15分ほどでしたが、小さなアップダウンがあり、暑さも重なって辛い辛い(^^;
最後は階段もある~~~

ブナの新緑にため息がでます

六呂師高原や経ヶ岳、その奥には白山も

さすがに良く歩かれた道できれいに整備されています。古道のように深く削られていますね~

お隣の集落へ車で移動 「下丁、中丁、上丁」とあって、ここは 「上丁」
「丁」は「ようろ」と読むらしいです。蛍の里とありましたよ。
飯降山の麓の道を行くと、立派な看板がありました。ここに戌山城への登山口があります。
私が先ほど歩いた道と合流するんですね、次はカメラを持って来たいと思います。
もちろん天空の城を狙って一眼レフです(笑) では次回霧の出やすい時期にお邪魔します。

下山は来た道を戻ります、途中で戌山城址へ行くのですがここからピストンは結構辛い(笑)
同行者にはここで待っていてもらうことに・・・30分かかるよ。

美しき白山、眼下には大野城

銀杏峰、部子山の展望

ここが展望所、石が積まれ標高を上げています(笑)

県外から来られている登山者も展望と新緑に大満足のようでした。

しばらくで林道と合流します、登山道は右へ続きます。新緑が美しい・・・素敵です。来て良かった!

飯降山は福井市と大野市の境に位置する山で、地元では「御岳(おたけ)さん」と呼ばれ、いろいろな
伝説もあるらしい。「三人の尼さんとおにぎりの話」は日本昔話でも放送されたらしい。
毎年6月にはタイマツ登山も行われるという。
本日はその飯降山と戌山城址にも寄り道する計画です。

登山口のある集落では今、シバザクラが満開でした。しかも「IFURIYAMA」のロゴも!!すごい!!
今気が付いたけど「いいふりやま」と思っていたけど「いふりやま」だったんですね (^^;
飯降公民館の駐車場に車を止めさせて頂きます、すでに名古屋ナンバーの車が止まっていました。
今日はかなり暑くなりそう・・・水分は大目に。
登山口の獣除けの電線を外し中に入ります。ちゃんと元に戻しましょう。