2909〜3190m

2008・5・3〜4

西穂高岳〜奥穂高岳

2日目の記録

1日目の記録へ

AM3:30 起床  体調は悪くない、まだ少しむかつきが残っていたけれど、朝食の雑炊は食べれた。
テントから外に出ると笠ヶ岳がピンクに染まって綺麗 \(^o^)/
いつものように無言で荷物をまとめ、ハーネスとアイゼンを付ける。いよいよ今日は山頂に立てるはず・・

AM5:25 天狗のコル出発  よく見ると岳沢にテントが見える、今日奥穂を登る人達だろうか(*^^)v

すぐに日が登り、雲ひとつない青空となりました。こんなに素晴らしい日に登頂できるなんて・・
神様に感謝しなければ (#^.^#) 槍はもちろん、西鎌尾根も双六も、立山方面まで見える〜やったー!

だけどこれまでの行程よりも更にここからが大変でした(>_<)(>_<)(>_<) 
畳岩ノ頭からコブ尾根ノ頭へ。息も絶え絶え・・岩壁を登り雪稜を降りる。浮き石ばかりで緊張もピークに
でも早朝ということもあって雪は硬くアイゼンは効く。気温が上がって雪が緩む前になるべく前進したい。

ジャンダルムからの展望 \(^o^)/

ジャンの登りも緊張、上に立つと奥穂山頂に人が沢山見えました。ここに居るのが見えるかな (^O^)/
いつもの可愛いジャンの目印は雪の下になっているのか見当たらない。夏よりも狭く感じるてっぺん。
おまけに突風で立っていることもできず、半分寝転ぶようにしてミルクティを飲む・・それでも幸せ〜
その間、懸垂のロープをセットしてくれるM氏。突風でロープが絡まりうまく下りないと悪戦苦闘。
仕方がないので先にM氏が下りる、次は私。ここは夏にロープ無しで下りているせいか懸垂で下りるの
が楽に感じました。風はさらに強くなり、ジャンを下った先のナイフリッジはドキドキでした (>_<)

ジャジャ〜ン!?

ジャンダルムを越えてからロバの耳へ。ここからが難所・・・デジカメを出す余裕も無く、大変苦労しました。
特に下りは緊張する、岩に支点をとり様々な方法で、時間をかけ少しずつ少しずつ。
これはもう忍耐というしかない、根気と的確な判断と冷静な行動が出来なければ、最悪の結果も在り得る。
残置ハーケンがたまにあるようだけど上からは全く見えない。影で凍ったチムニーを降りて雪の上に下りて
ホッと一息、でもすぐに落ちたら終わりのトラバース。でもあと少し、あと少しと思い頑張ります。

今日も朝から何度もヘリが飛び、私たちのすぐ側まで来て確認しています。時間を置いてまた違うヘリも。

AM10:14 馬の背が見えてきました。セッピが微妙だけど風は正面から吹いているのでまだ安心。
先ほどのナイフリッジでは横風でしたからマシってことで (>_<) 
山頂には沢山の人がいる。もう少し・・・こんな所で落ちたらし洒落にならん!がんばろ \(^o^)/

やったー!奥穂高岳山頂で〜す \(^o^)/

山頂にはたくさんの人が景色を楽しんでいます。涸沢からの人、前尾根からの人・・みんな笑顔 (#^.^#)
ザックを下ろしてやっと生きた心地がしました。おやつを食べ紅茶で乾杯!
スキーを担いでいる人も3名ほど登ってきました。カッコイイ!!だけどどこかで見たことがあるなぁ。
そうそう!時々見ている山スキーHPの人だぁ〜高山のお医者さん達じゃないですか!
赤いヘルメットの人に伺うと「直登ルンゼを滑ります」とさわやかに答えてくれました。
帰ってからHPを確認すると、やっぱり・・GWには3連荘で穂高から滑ったそうな、スゴッ!
だけど、あんな所から滑るなんて・・・ヘッポコスキーの私には考えられないことでございます (@_@;) 

彼らの滑りを見たかったけど、私たちにはあまり時間がありません。残念ですが穂高岳山荘へ。
AM11:10 山荘  ベンチは人で溢れています。涸沢のテントはものすごい数!
何人かの男性が「西穂からですか」と声をかけてくれました。ありがとう〜嬉しかった。

マウスを置いてね

マウスを置いてね

山荘の裏のテラスでM氏がラーメンを作ってくれました、ソーセージとコーン入り (^O^)/
私は山荘の周りをぶらぶらして写真を撮ったりボーっとしたり・・・やっと気持ちが落ち着いてきたかな。
気温が上がってきて暑い、今更ですが日焼けが気になり日焼け止めをベタベタ塗りました(^_^;)
白出沢を一人の男性がスキーで滑って行くのを眺めながら、私たちも準備をして下山開始。
PM12:15 

マウスを置いてね

雪がグズグズになってきて白出沢の下りは最悪、歩くたびにゴボゴボと嵌りまくり (>_<)
腰まで埋まると抜け出せず、自分の手で雪を掘りながら脱出すること数回。スキーなら楽ちんだろうな。
河原まで降りてくるともっと最悪、ゴボゴボ、キャーの連続。足も相当疲れてきている(@_@;)

PM3:05 白出沢の登山口   
ここまで来ればもう安心。座って一息つきたい所ですが、雪解けに虫が大発生していて顔を刺して痛い。
「痛い!?そうだ・・・蜂!ロープウエイ駅で蜂に刺されてたのにそれさえも忘れていたー!」 (>_<)(>_<)
思い出したら急に足の指が痛み出した・・・
ここからダラダラと林道歩き、かなり先まで雪が残っていてスキーの人達は楽そうでした。
双六・槍・穂高とか、いろんな所から滑ってきているんだろうなぁと羨望の眼差しで見てしまいます。



残雪期の西穂高岳〜奥穂高岳縦走。例年より雪が多く、状態も悪く、大変苦労しました。
夏とは全く違う、別の山でした、というのが率直な感想。
自然というものはそれが当たり前なんですね。
技術面でもいろいろな事を学びました。まだまだ覚えなければいけないことが沢山あります。
特にメンタルな部分では、もっともっと成長しなくてはいけないかな。

無事に下山することができて本当に良かった、感謝 m(__)m