白山

2007.5.20

2702m

(弥陀ヶ原)

この日はHP「CRACIL」のkyuちゃんと女二人で大冒険♪そう、白馬鑓ヶ岳に挑戦の予定でした。
前夜、愛車に布団を積んで、朝食のサンドイッチとおにぎり・・・ウフフ、準備は万端整いました。
出発前にちょっと心配だった天気予報の確認をします。「ウソ・・・お昼までの降水確率が40%」
すぐに作戦練り直し、白山に行く予定のM氏とyuさんにご一緒させていただくことにしました(^_^;)

ゲートAM6:00前線の通過で午後からの晴れを期待してカッパを着込んで雨の一ノ瀬を出発します。車
道を歩くこと1時間15分、肩に食い込むザックが重い・・・それと兼用靴が合わないのか毎回腫れてしま
う足がまた痛み出しました。中飯場を過ぎた辺り、雪が繋がるまでkyuちゃんが持って来たズックをお借
りすることにします、助かりました m(__)m下山者一人とすれ違いました、室堂泊まりだったのでしょう。

しばらくすると雨はあがりましたが、霧が深く何も見えません。足の痛みもあって私のモチベーションは
下がる一方です。気持ちの切り替えもできないまま、黙々と歩きます。kyuちゃんはいつも通りハイペー
ス、今日も調子がいいみたいでガンガン登っていきます。う・・うらやましい。

甚ノ助小屋が見える頃、時々霧がサァ〜っと切れて青空が見えるようになりました。「これは少々期待
できるのでは?」とみんなにも笑顔が戻ります。昨夜は相当冷え込んだのか、木々が凍り付いていて
ガラスのモニュメントのようにキラキラ輝いています。

新雪も積もっているようなので黒ボコ方面には行かず、エコーラインから直登するように登り詰めます。
この頃には日が照って暑くなり、上着を脱ぎました。この時期のこの直登は本当に辛いです。毎年そう
思うのですがそれでも来てしまうのは何故でしょう・・・みんな白山が好きなんですね。

霧が流れ、別山が見えてきました。南竜の小屋も見えます、美しい\(^o^)/

思ったより時間がかかってしまい、風を避けて昼食にすることにしました。お湯が沸くまで
写真を撮ったり雪の上に寝そべったり♪♪ 青空にご機嫌のみんなです。子供みたいに
大はしゃぎしてしまうのでした。

昼食のあと、空身でもう少し行ってみることにします。弥陀ヶ原に差し掛かる頃には突風で目も開けて
いられない状態になりました。う〜ぅ、寒いです、ハイマツも凍っています。

kyuちゃん

yuさん

みれ

真っ白な新雪に自分達だけのシュプールを描いて滑ります♪
(と、言っても斜度はありませんから景色を楽しんでいるだけ)

標高が下がると朝のように霧が深くなります。みんなを見失わないように注意して慎重に滑ります (>_<)
急登で喘いだ斜面もスキーでは快適でした、ちょっと雪が腐っていて辛いけど楽しいほうが勝ちです。

アッというまに甚ノ助小屋に到着、この時期にしては雪も多いのではないでしょうか。入り口は雪を除け
てあり、中に入れるみたいでした。それからしばらくは藪に突入、雪は洗濯板のようになり滑り辛いこと
この上ない(-_-;) でもキャ〜キャ〜言いながらも雪が途切れるまで滑ることができました。ちょっとずっ
こけたけど・・

中飯場の過ぎるとニリンソウがたくさん咲いていました。登りでは辛すぎて見ていなかったらしい (^^ゞ
別当出合も霧に包まれ幻想的でした。荷物を下ろしてしばらく休憩します、kyuちゃんに頂いたりんごの
ドライフルーツが美味しかった!
長い長い車道歩きもみんなと話しながらだとそれほど苦になりません。でも長い板を付け
たザックはどんどん重くなるような気が・・・でも楽しかった〜ご一緒してくれた皆さん、ありがとう。
このあと温泉に入り、またまたkyuちゃんから美味しいお饅頭を頂きました\(^o^)/

兼用靴が当たる部分が赤く腫れあがっていました、これで3回目です。最初は大丈夫だったのに・・・
靴が悪いのではなく私の歩き方が悪いのか、それとも足の形が悪い??靴に合わせた足になろう!?