白山 釈迦新道〜観光新道 2013年8月18日(日)

出会った花たち

今年初の白山です、12時に一之瀬に入りました。3〜4時間仮眠するつもりでしたが寝つけません。
どうせ眠れないなら早めに歩き出したほうが目的達成できる、そう考えて出発準備をします。
駐車場から橋を渡り登山口に向います、深夜1時15分、あたりは真っ暗・・・だ〜れも居ません(>_<)

登山道から林道へ、振り返り、振り返り、ドキドキ・・・やっぱりだ〜れも居ません。
トンネル付近は落石がコワいので走って抜けました、その後の林道も本当に怖かったです。
1:55 登山口到着、出発  ここでかなり後悔しました、一人なんかで来るんじゃなかった(-_-;)
でもここまで来て引き返せない・・・行こ!

真っ暗闇の登山道をヘッドランプで歩くのは結構辛いものです、慣れた山ならそうでもありませんが・・
しかもいつものようにスニーカーで来てしまったのでソールが薄すぎて足置きがグラグラします。
夜露で靴の中までびしょ濡れになり足は冷えるし、スニーカーは大失敗。
満天の星空を見上げては頑張って歩きました。とにかく何も考えず前進あるのみ、だって怖いんだもん。
やっと明るくなり花も見えます・・・でもガスです(~_~;)

「七倉の辻」に到着です、6:34  駐車場からここまで5時間以上かかってしまいました。
でも深夜に出てきたので時間的には余裕でしょう、頑張って歩きます。 

御手水鉢、さらに大汝峰と室堂との分岐へ。このあたりで一名とすれ違います。
相変わらずガスガスです、あれ〜今年初の白山もこれでは気持ちがドヨ〜ン(@_@;)
今日は大汝峰に登るつもりだったので頑張って行く事に、寒いのでカッパを出しました。

カッパを着て歩き出したらガスが消え青空が見えてきました。

振り返ると・・・

大汝峰へ、ここで7:30です、かなり時間がかかりましたがそれほど疲れてはいません。
風があり寒いので風の当たらない場所で休憩、ポットに入れてきたコーヒーが美味しかった。
下り始めると小屋泊まりの人達でしょうか、登って来る人とすれ違いました。

剣ヶ峰と御前峰が見えてきました、向こうには雲海が・・・

大汝峰を下ってお池巡りをしながら御前峰を目指します、まだ遠い・・

チングルマはもう穂になっています、残雪と池、そして雲海
池周辺でも小屋泊まりの人と多くすれ違います、のんびりと花や池を楽しんでいました。
結構若い人が多いように感じました。

山頂間近で向こうから見覚えのある人が来ました、朝一のバスで来たのかな?
いくら釈迦新道でも時間が掛かり過ぎ〜ダメダメ〜みんなもっと早いよ〜って辛口のお言葉。
本当はさらにロングコースを企んでおりましたが、撃沈のチ〜ン(笑)
時間的にもまだ余裕があるし、長距離は歩ける自信も無きにしも非ず・・・
だけどもうイイや〜諦めた、この計画はここで中止とします!あっさり?

そうなれば山頂でゆっくり過ごしましょう。写真をバチバチ撮ってあちこちウロウロ・・・
ドッカと座っておにぎりやパンで朝食とします。朝のガスはすっかり消えて展望もバッチリです。
お昼寝(朝ですが)したいくらいポカポカと良い気分です。

こんなことなら剣ヶ峰も登っておけばよかった(登山禁止?)かなぁ

ハイシーズンは過ぎたので室堂も静か?

ホラ貝を吹く人・・・どなたかを見送っているようでした。
弥陀ヶ原も静かでした、ここも良い風が吹いて気持ちが良いところ。家族連れなどが休憩していました。

9:52 黒ボコ岩、今朝一番で登って来た人達でしょうか、みなさん大汗で休憩中です。
この辺りまで降りて来ると、本当に暑い、暑い。
観光新道を降りることにします、殿ヶ池の避難小屋は建て替え準備中かな、さら地でした。

観光新道はまだまだ花がたくさん咲いていて楽しめました。

甚ノ助小屋や別山、チブリ尾根が見えます。
本当はあちらまで行くつもりでしたけど、またの機会に・・

11:50 別当出合
バスに乗る前に冷たいジュースを購入、一気に飲んでしまいました。
暑い暑い、ただそれだけ・・
すぐにバスに乗れて、温泉に直行しました。

本日は一睡もしない弾丸登山でした。
軟弱な精神力で目的は達成できず・・・残念無念。
もう少し強い信念と、ちゃんとした登山靴が必要だなぁ(笑)
以前はそれでも歩けたけど、ロングコースの時は危ないかも・・

いろいろありましたが、なかなか楽しゅうございました m(__)m