2010.5.16

白馬岳

2932m

猿倉〜大雪渓

マウスを画像の上に置いてみてね

マウスを画像の上に置いてみてね

本当は先週くらいに他のルートで白馬を考えていましたが、一週間遅れたらそのコースは無理でしょ・・
ってことで本日はノーマルルートで白馬大雪渓をピストンです。
そんなこともあり、あのスーパースキーヤーのjunさんがのんびりムードでお付き合いしてくれました(^_^;)
いつも激しすぎる山ばかりなので、たまには穏やかな気分で雪山を楽しんでください(笑)

暗いうちから出発した人達がゴマ粒のように先に見えます。それを追いかけてしまうのがサガ??
今日はゆっくりでいいのですよ・・・junさん。
とは言え、やはり早い人は早くしか歩けないようで・・・私は置いていかれてしまいます(-_-;)

妙高や高妻方面

杓子のとんがりを横目に急斜面を登ります。
このあたり、カチカチのバーンで怖い!ピッケルないし・・・

岩のところでjunさんが待っていてくれました。風が強く寒い、ツエルトを被ってしばらく休憩 m(__)m
小屋が見えてからもなかなか近づきません。スキー板が肩に食い込み重い・・・

junさんが他のスキーヤーと話している、これが2号雪渓のエントリーポイントかぁ〜〜すごーい!!
こんなところ滑る人はアホやね・・・あ、すいません。junさんもここから滑ってましたね(^_^;)
それどころか先週は剱岳の先っちょからエントリーしてますから・・このお人。
今日は奇跡の大雪渓です・・・かなりガマン?だと思います。

どうぞ・・・ここです、行っちゃって下さい。

山頂へ・・・スキーヤーはどんなことがあっても山頂までスキー板を持ち上げてナンボですよって・・・
そうなんだ、でもやってみれば充実感です、ありがとう\(^o^)/
山頂まで約6時間もかかりました、junさんはこのタイムが気に入らんらしい・・・遅すぎですと(-_-;)
休憩もたっぷりしたし、単独ではないし、そんなもんでしょ〜〜?と笑って誤魔化しとこ。

昨年登った白馬主稜、セッピが落ちかかっています。下を覗いてみます、こわっ(@_@;)
やはりGWが限度ですね、来年はここをリードで登りたいです。

雷鳥くんがお出迎え (*^_^*)

ひゃ〜〜〜今日も男前の剱岳が私を迎えてくれました

さぁいよいよ滑降です、junさんはあっという間に小さくなり・・・
私はゆったりのんびり滑ります、気持ちいいなぁ\(^o^)/\(^o^)/

2号雪渓を滑ると、ここで合流するらしい。
いつか私も滑りたいな、いつか・・・じゃなくて絶対に!!
しかし遠く険しい道程、がんばるしかない、がんばる!!(真面目です)

そんな事を考えならがも、ゆったりと滑る私。junさんもさすがに待ちくだびれたかな?
早い人はこんなところ30分で滑りますよ〜なんて言ってます(笑)
でも、unさんものんびりに慣れてきたみたいで、それなりに楽しそう・・・・に見えたのは私だけ?!

猿倉にはjunさんがご存知の山スキー友達の車が沢山!!殆んどの人は白馬鑓の方だったみたい。
この時期になると行くところが限られるようです。
駐車場でのんびりしているとステキな出会いがありました〜〜嬉しい♪

ほらね、ステキ。たまにはのんびりもいいですね・・・
素晴らしい一日をありがとうございました、感謝です m(__)m