箱ヶ岳   2013年5月21日(水)

 福井県三方上中郡   402.4m 

本日は友だちが遊びに来てくれたので、ハイキングとランチで一日を充実させようと言う計画です。
最近山歩きはしていない友ですが、以前は岩も沢も藪もやっていた人なので歩けます(笑)
というわけで、マニアックな山をチョイス\(^o^)/

小浜山の会のHPを参考に記録をコピーして登山口へ
堤という集落へ向いますが細かい道で不安です、が大きなお寺の屋根を目印にちゃんと到着できました。
お寺の前で手入れされている人に駐車スペースを聞くと、奥に止めれば良いとのこと。
お墓の前の駐車場に止めさせてもらいました。
登山口は柵の扉を開けて入ったところに新しい堰堤があり、その前の橋を渡ります。
柵の扉はちゃんと閉めましょう。

竹やぶ&杉林を歩きます、テープと所々に案内板があるので安心です。
低山なのでとても暑いです、汗が・・・目に入ります(笑)
早春にはマンサクの花が咲き乱れる?らしいです。マンサクの道と言われています。
標識には「箱ヶ岳城 搦手」とあります。城やとりでの裏門という意味らしい・・・調べた=^_^=

途中展望もあるのですが今日は霞がかかったような天候で今ひとつ・・
山頂は城跡があります、説明の看板もあるので歴史に興味のある人には良いかと思います。
私達は特にそそられるのものないのですぐに下山することにします。

稜線沿いにしばらく行くと空堀があります。さらに進むと道が三方に分かれています。
間違えないように・・下山するのは不動滝の方向。資料にも急と書かれているので迷いますが降ります。

下り始めてすぐに道はなくなりました、ただどこでも降りれば良さそうなので頑張って下ります。
やや危険なところもあるのでここは登りに使うべきでした(笑)
とにかくモンキーくクライミング・・・ヤブコギには慣れている2人なので平気ですが一般にはお勧めは
できないコースです。岩場もあり、ここはさすがに巻きます。

急斜面が一段落すると今度は倒木地帯です、ここは踏み跡もありそれほど危険はないでしょう。
祠の屋根が見え、その横に踏み跡が続きます。

祠からしばらくで滝の降り口です、黄色いロープがありそれに従い下ります。
鈴鹿ならヒルでも居そうな場所ですが、ここは福井県なのでヒルはいませんから安心です。
滝は雄滝と雌滝に分かれています、なかなか素敵な場所です。

正面が雄滝

右手が雌滝(小さい流れ)

そのまま水の流れに沿って降りると広場に出ます、そこから林道に続く道があり、ホッとしました。
イイお天気でかなり暑い・・・

こちらにも柵があり扉から出ます、鍵はちゃんと掛けましょう。
アスファルトの良い道でその奥にもまだ集落があるようでした。(郵便配達のバイクが行ったのでたぶん)
畑や集落の家々を見ながら堤区まで戻りました。
駐車場の前で地元の男性と少しお話して車に戻りました。

おまけ

ちょうどお昼になったので目的の「ここいろ」でランチです

ランチは500円ですがデザートとコーヒーを頼んで1000円でした。
ここは雑貨も素敵でお店の人も優しくてお気に入りなんです。
友だちもとても喜んでくれたので良かったです。


お手軽な半日の山歩きとランチで、このパターンにハマりそう(笑)

堤区登山口9:27==山頂10:15==下り分岐10:26==不動滝11:17==杉山区登山口11:30