大日沢

2011.7.10(日)

(石川県)

先週は沢に行って風邪を引いてしまいました。まだ完治していないのですが、せっかくイイお天気なので
急遽、沢登り技術研修会に参加させてもらうことにしました。

場所は大日沢。ここは数年前にも行っていますが、皿川と混同しているみたいで記憶があやふやです。
まずは一般登山口のある駐車場へ移動。お話を聞いたあと出発です。
登山道から離れ、記憶のある橋を渡り、ややヤブっぽい踏み後を辿ります。
すると沢に出てそこからいよいよ始まりです。

今回指導者は2名の方、そして受講者は山岳会の方2名とhiroくん、kojiさん、ヨウメイさん、私。
ほとんど顔見知りの方々なので不安はありません。
kojiさんは本格的な沢登りは初めてということですが、渓流釣りをされるので沢歩きはお手の物。
ヨウメイさんは沢登り自体は初めてです。がしかし、クライミングなどもされるのでこれまた全く心配なし。
他の方々は言うまでもなく、沢も山も経験豊富。
今回は平均年齢が低く子供と言ってもいいくらいの人達。
しかも男性ばかりなので、体力あるし、足も長いし、私は着いて行くのに必死でした。

この下のところはみんな往生していましたが、ドボンも楽しみつつ・・・(笑)

好きなルートを選んで行ってください、とのことでこの方は左からへつり。私たちは右から行きました。
次々現れる滝も諸共せず、イケイケの彼ら・・・シャワーも何のその!早いの何のって登る登る。

滝の中で遊ぶ人・・・誰でしょう(笑)

今日は水量が多く、水も冷たい。大きな滝で遊んだあとは、微妙な草つきを登ります。
ここはロープを垂らしてもらいます、グジュグジュの苔と泥が気持ち悪いのです(^_^;) かえるも・・・

またカメラがくもってきた、レンズを拭きながら撮影するも無駄?毎回普通のカメラで悪戦苦闘です。

滝を越えると素晴らしいナメが続きます。青空が見えれば最高なんだけど・・・

ナメの先を行くと大きなスダレのような滝、サラサラと水の音が綺麗です。だけど、ここは寒い!
前回同様ここで懸垂の練習です。順番待ちの間は寒くてカッパを来ました。
この滝は登らず、左に進行方向変えます。するとまた素晴らしいナメ滝の連続で癒しの空間。

小さな滝も連続して楽しさ倍増です。しかし、ホントみんなリーチが長いので私一人届かない(^_^;)
若いって素晴らしいですが、私も負けてはいられません(笑) 
でもやっぱり届かないところがありM氏にお助けロープを出してもらったり、hiroくんが助けてくれたり
やっぱ女子?(一応)は、得やわ〜ありがとう(*^_^*)へへ・・・

みんな果敢に攻めていきます。さすがにクライミングでも練習している方々なので素晴らしいです。
最後の滝はチョイぬるぬるで気持ち悪い感じです、ここもロープを垂らしてもらいました。
そこから上部はしばらくのヤブコギで登山道へ合流。しかし登山道も背丈ほどの笹薮でした(^_^;)

時間も押し迫っていたので小屋へ移動、そこでギア類を外し、スニーカーに履き替えます。
軽く休憩のあとは登山道で下るだけです。下りもみんな頑張って、意外と早く着きました。
山頂へ行けなかったのが心残りですね・・・とそう思っていたのはkojiさんと私だけかな(笑)

体調はイマイチでしたが参加できて良かったです。みなさん、ありがとうございました m(__)m
またどこかでご一緒できますよーに!!(それまでにどうにかして足を長くしとかな・・・)