2006.7.30

2399m

いつもお世話になっているSIVAちゃんのHPで別山の計画があると聞いていたのですが、今回は残念ながらご一緒できない・・・と思っていました。しかし私の予定が急遽変更になり参加させて頂くことになりました。

土曜日は沢登りに変更、これなら別山に行けるかも・・と思い「遅れるけど後を追っかけま〜す」とSIVA
ちゃんにメール。やはり予定時間に起きられず、市ノ瀬に着いたのは5時25分。駐車場は満車状態・・
5時40分発のバスに乗り込む。皆さんは5時のバスで出発している、急がないと会えないかも(>_<)
別当出合も大賑わいだった、6時05分出発

早くSIVAちゃんたちに追いつきたかったけど、久しぶりに歩く砂防新道は数珠繋ぎ・・白山って人気なん
だな〜中飯場も腰をかけるところもないほど人でいっぱい、暑くてバテバテになり水分補給する(^_^;)
別当覗きを少し過ぎたところで写真撮影中の団体さんに先に行かせてもらおうと・・顔を見てびっくり!!
ちーさんだった〜SIVAちゃんも皆さんも花の撮影に夢中でした(^^♪

甚之助小屋で大休憩、あらためて皆さんとお話する。昨年、御池岳でお会いしたmakotoさん、荒島岳と
銀杏峰ですれ違ったおーちゃん夫妻、初めてお会いするじゅんさんと沢に興味があるというクローバー
さん、チャーミングなちーさん、そしてSIVAちゃん。今日は遅れましたがよろしくお願いします m(__)m
甚之助小屋から一息で南竜道分岐、ここは展望もよく大勢の登山者が休憩しています。雲海が綺麗で
した(*^_^*)

分岐から少しアップダウンして、数年前には雨の日の後などドロドロで川になりそうだった登山道にも木道
ができており大変歩きやすくなっている。南竜山荘を過ぎ柳谷を渡るとキャンプ場と湿原の分岐、私たち
は池塘のある湿原方面へ・・・

池塘にはピンクのハクサンコザクラとチングルマが咲いている、この時期にしては珍しくクロユリも咲い
ていたので大喜びで写真を撮る。

赤谷へ下り、沢で水を補給していよいよ油坂の登り。なかなかの急登で大変ですが、稜線に出ると気持ち
の良い風とお花畑の連続、大好きなコースの一つです。でも別山はまだまだ遠い(>_<)

天池に到着、ザックを置いて池の周りを散策。皆さん花の写真を撮るのに夢中・・・良い写真が撮れると
いいですね〜でも花を踏まないように気をつけてね(^_^;)

振り返った稜線の先には白山・御前峰・・・時間は11時40分、少し霧がでてきた。
眼下にはコバルトブルーの白水湖(^^♪

大屏風から御舎利山への最後の登り・・まだかまだかと思いつつ「ファイトいっぱーつ」と踏ん張ります。
珍しく山頂にはたくさんの人が見える、別山も人気になってきたようです。私的にはここもやはり残雪期が
いいなぁ〜(^_^;) 皆さんネットで有名人、道々知り合いに会われたようで山頂でも久しぶりの対面に話が
弾んでおられました。さて・・霧はでているものの直射日光はお肌に大敵!!タオルなどで日除けして昼
食とする。いつになく今日は沢山食べることができた・・食べないとバテます。お腹がいっぱいになったと
ころで御舎利山まで戻り、チブリ尾根へ下山開始。

樹林帯もかなり暑くて水分を取らずにいられない・・めまいがしそう(>_<) ちょっと足を挫いてしまい一ヶ月
たった現在(8月末)も少し腫れて痛みが残っている。やはり下山が危ない(^_^;)
途中、階段状に石が積んであったり木道ができていたりして・・登山道の整備は大変だろうなぁと思いまし
た。しかしチブリまでもが何時の日か砂防新道のように公園化してしまうのでは?と寂しい気がしたのは
私だけかな・・・

早く登山口に着いたのでクローバーさんと川まで降りてドロドロになった靴を洗った。歯ブラシをお借りし
て感激!こういうものもザックに入っていると便利ですね。そうこうしていると皆さんも到着されたよう・・
おーだんなさんも足を痛められたということでおーちゃんが心配そうに付いて下山され、それを見てまたま
た私は感動でした。さり気ない夫婦愛・・エエなぁ"^_^"  最後はしばらく林道歩き、どのお顔も充実感で
溢れていました。急な参加にも関わらず暖かく迎えてくださって本当にありがとうございました m(__)m

ちーさんより頂きました

クローバーさんより頂きました

別山