愛宕山   2013年1月24日(木)

 京都市右京区   924m 

今日も天気が良くない、滋賀もイマイチかもしれないねぇ〜ということで比較的安定気味の京都へ遠征。
目指すのは京都では有名な「愛宕山」  私でも知っています、ただ行く機会がなかっただけ(^^ゞ
愛宕山の山頂にある愛宕神社は「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参拝すると一生火事に遭わない
と言われています。
ラッシュを避けて敦賀を5時に・・・と自分から言ってしまったので遅れるわけにはいきません(笑)
気合で早起きしたおかげで、ゆっくり休憩を取りながらも京都には早く着きました。
有料駐車場に車を入れて、7時半過ぎに出発。
川を挟んで向こう側が登山口、見覚えのある東海自然歩道の道標が立っていました。

登りルートは表参道と言われている道、歩き出しは舗装された道で快適です。
道の隣には旧愛宕山ケーブルの跡。
ところがそのあとはずっと、ずっと、ずっと階段で・・・泣きそうでした。へろへろ・・・
朝、駐車場でお会いした2組の単独男性は歩き慣れた様子であっと言う間に見えなくなりました。

もう階段嫌いになりそうですが頑張って登るしかない、試練です。
ようやく20丁目一文字屋跡に到着、その後15分ほどで茶屋跡に着きました。
木々の間からはそれなりに展望もありますが写真には撮れそうにありません(~_~;)
先ほどの男性が休憩されていました、私たちもここで一服。歩くと暑いけど立ち止まると結構寒い。

「大杉大神」と書かれた杉のところを通り過ぎ、やっと登山道らしくなってきました。
しかし辛い登りです。みんなが気軽に登る山で「参道」ということで楽だろうと思い込んでいました。
ごめんなさい、舐めてました(@_@;)
参道には付き物の杉が並んでいてそれらしく・・・イイ感じ♪

雲海で街は見えませんがなかなかいい雰囲気でした。

水尾分かれの分岐からさらに登ると旧ケーブルの建物に続く道があるそうです。
SIVAちゃんはしっかり予習しているので言われるがままにその方向へ進みます。
愛宕山はたくさん道があるので道迷いが多いと言います、こういう道を知らないで行くと怖いですね。
まっすぐに歩きやすい道の最奥には朽ち果てた不気味な建物があります、これがケーブルの駅です。
その昔はここも賑わっていたのでしょう、建物の中にどんどん入るSIVAちゃん。
私はこういう所は苦手です、中に入るにはいやでした(~_~) なんか・・・怖いっす(>_<)

来た道に戻り、登山道を登ります。だんだんと気温が下がってきて雪も出てきました。
そのうちにまた階段が・・・いよいよ神社が近い雰囲気。空気も凛としてきましたよ。

階段を登り切ると参道です。雪は5センチくらいでしょうか。たくさんの足跡があります。
これでもかーって階段が続きますm(__)m

なんと霧氷です!!京都・愛宕山で霧氷が見れるとは思っていなかったのでビックリしました。
それからまだ階段が続きます、どこまで登るのでしょうか(笑)
凍った階段に注意しながら愛宕山神社に参拝しました。登山者も結構います。
「火迺要慎(ひのようじん)」のお札を購入して下山。

愛宕山の三角点は神社があるピークではなく隣のP890にあるそうです。
せっかくなので行ってみましょう、神社を少し下り、巻くようにして道があります。お地蔵さんの分岐を
左方向へ、そして少し登るとさらに分岐らしきところに出ます。今度はそれを右に・・・
ここの方が雪が多い。

三等三角点です、こういう三角点は初めて見ました。

展望もよいです、日当たりも良いせいか、登山者が休憩中でした。

来た道を少しだけ戻り分岐を下ると月輪寺への分岐があります、来る時に確認済み!
どんどん下ります、こちらの道は普通の登山道です、歩きやすい!!階段もなく歩きやすい(笑)
月輪寺は豪雨で山が崩れ、土砂で埋もれている建物もありそうでした。

こちらの道では多くの登山者に出会いました、平日ですが・・・さすが都会じゃねとか何とかわけのわから
ないことで盛り上がりました。
先日の遭難騒ぎのせいか、道に張り紙が多かったです。
下山口の到着、ここからもう少し登って空也滝を見に行く事にします。

結構な登りでまたまたヘロヘロ、階段は当分ゴメン!って感じでした。
そして滝に到着\(^o^)/ ここの滝は大きく気持のいいマイナスイオンを発散中。
お参りしてさっそく降りましょう。交代に若者達が登ってきました。
東海自然歩道に戻り、駐車場へ。

無事に敦賀に到着、楽しい一日でした、ありがとうございましたm(__)m