葦谷山〜野坂岳

2011.5.28(土)

866m〜914m

        

出会った花たち

今週末の天気は雨予報だったので、予定を入れませんでした。ところが10時になっても雨は降らない。
それならば・・・と、以前から気になっていた葦谷山に行く事にします。

作ってあった地図とGPS、カッパとツエルト、即効でおにぎりを2個作りポットにお湯を入れて準備完了。
はやっ!

山村の野坂岳登山口を出発。
送電線の巡視路を登るので最初は味気ないですがなかなかの急登で汗が吹き出ます。
ダイエットに良いです(笑)
先日、黒河林道でクマを見たので、ラジオと鈴を鳴らしながら歩きます(^_^;)

山村野坂岳登山口(10:20)===分岐(11:21)===葦谷山山頂(12:14)(12:31)
===分岐(13:15)===野坂岳山頂(13:51)===登山口(14:46)

杉林から巡視路の急登、3つほど鉄塔を過ぎると歩きやすい登山道になります、新緑が美しいです。
時々展望の良い場所も有り・・・でも今日は岩籠山もガスの中で見えません。

ブナが美しい

分岐に到着、葦谷山は左方向です。右に進むと野坂岳。
この辺りは右も左も美しいブナ林です、ここに来るだけでも価値あり!

ブナ林をサクサク進むとおもしろいモニュメントがあります。

分岐からしばらくは森の中を楽しく歩きます、そして小さなアップダウンが続きますが踏み跡はあります。
良く見ると黄色テープや赤テープもあり、このあたりは心配ありません。
しかしだんだんとガスが濃くなって平らな場所に出るとどちらに行こうか迷います。テープあり!

やがて狭い尾根道になり、踏み跡が薄くなります。かなり急な斜面になり、踏み跡が無くなります。
尾根を登り切ったところは平で分かりつらいです、テープはあるのですが少し戸惑うかも。
所々にヌタ場もあり、けもの臭がします。鳥の声も聞こえキジの姿もありました。

尾根に従って左に左に行けば間違い無さそう・・・ですが、やはりガスが濃く不安です。
木が生茂りますが薄い踏み跡があるので、冷静に尾根を辿ります。地図で確認したほうがいいでしょう。
P792から池の原湿原を覗くつもりでいたのですが、今日はガスがあるので止めました、残念。

意外にあっけなく葦谷山山頂に到着です。展望は・・・ありません(笑)
せっかくなのでここで暖かいコーヒーを入れて昼食にします。 
休んでいる間も鈴は振り回していました(^^ゞ

昼食後、少しだけ三国山方向に歩いてみましたが、だーれもいないので不気味でした(当たり前ですね)
念願の葦谷山に来れたのでこれで満足しなくては・・・

一瞬明るくなりましたが、相変わらずガスが濃いので急いで戻ります。
分岐まで戻ったのですが、まだ少し歩き足らないので野坂岳山頂へ行く事にしました〜!

ガスガスで誰もいない山頂

山を満喫でき満足でした。一日得した気分です。感謝 m(__)m
次は三国山まで縦走だな・・・(笑)

家の前で雨が降り出しました、セーフ (*^^)v

GPS軌跡