有明山

北アルプス

2009.12.13

2268.3m

山スキーをするにはまだ雪が足りない。それまでのトレーニングということで、またまたjunさんと出撃です。
今日は少し遠出して長野・安曇野へ。しかも「あの有明山」というので覚悟して来ました。
一般的には、黒川沢に沿って登る表参道か中房・有明荘からの裏参道で登る人が多いようです。
しかし今回は冬期ということで、「松川村の馬羅尾キャンプ場」から登る事になります。
夏でも往復9時間〜10時間かかると云われている難コースです。。

ガスがかかり薄暗い中を出発です、すぐに雪が出てきて、山頂はどんなだろうと不安になります。
最初は河原を歩いたり、右に左にと渡渉を繰り返します。テープがあるので迷う事はないでしょう。
石がぬめっているので注意します。橋も何度もありましたが、腐っているし、滑ります。

出発から1時間ほどで綺麗な滝に到着。滝のすぐ下まで行って水が流れるすぐ横を登ります。
不動滝です、岩がヌメヌメで滑ってコケてしまいました。ヒヤヒヤです (^_^;) 落ちたら凍ります・・・
滝の上部に出ると、そこからただひたすらに上を上を目指します。間違いなく正真正銘の急登です。
それに、今にもクマが出そうな感じ・・・賑やかに鳴り響く鈴を持ってきて良かった〜\(^o^)/

ほとんど寝ていないと思うんだけど、junさんはいつも通り元気。ガンガン登っていきます。
急な上に笹に雪が積もっていて、滑ります。登山道はあまり見えませんが、夏でも大変だと思います。
修験道というだけあって、まさに修行的な登り。黒川との分岐、1900M付近に到着辺りは真っ白・・・
完全に雲の中に突入したようです、幻想的・・・

分岐から尾根に従って登ります。尾根はだんだんと狭くなり油断大敵です。
ガスの中、木々には霧氷が見られ、とても美しい。空気が冷たくて気持ちがいい・・・静か。

ヤセ尾根を無我夢中で登っていきます、すると写真のような大きな岩が出現したり・・・
鎖があるので心配はないですが、スタンスがない?雪で見えなくて足で払うとわずかに足を置くところ。
岩をよじ登り、雪の重みで枝垂れた枝につかまり、そしてハシゴ。

祠と石碑があるところにでました。思わず手を合わせてしまう・・・これまでの登りが辛かったせいかな。
そこからさらに急なヤセ尾根が続きます、もうだいぶ疲れてきたのですが (^_^;)
相変わらず、junさんは元気にラッセル。山頂まで行くんだという気迫を感じます。

二つ目の祠に到着、出発からすでに3時間が経過。計画ではそろそろ・・あと半時間で山頂の予定。
大きな岩は手で雪を払い、まるでクライミングのようにホールドやスタンスを探します。
僅かな岩の割れ目に手を掛けて、足をつっぱり・・・冬の岩登りの練習になったかも (^^ゞ
後で調べたらロープやハシゴがあるようなのですが、その時は雪で埋もれていてわかりませんでした。

上に山頂かと思われるピークが見え、ヤセ尾根を登り、斜面をトラバースし、岩を登り、左に巻く。
何度も何度もそれを繰り返しました。まるでキツネにつままれたように、何度も同じ風景があるのです。
タイムリミットは11時としていましたが、意地になってきます。
「待ってろよ、山頂!!」「どりゃー!」 普段は静かな??私たちも人が変わってしまいました(^_^;)
急に青空が出て、今までのことがウソのような景色が現れました。白い山は・・鹿島槍。
「わーーーーキャーーー」 二人とも言葉になりません。

11時には十分着くだろう、と安易に考えていましたが登っても登っても頂上ではありません。
時間はすでに11時30分。もうすぐだ・・・きっともう着く・・・
岩を登り、左に巻き、枝を掴みトラバース、岩を登り・・・永遠にこれが続くのではと思ってしまいます。
すると、見上げた先に光り輝く鳥居が現れました。「何これ??」

雲のじゅうたんの向こうには南アルプスと富士山。

今、私は雲の上にいる・・・
今まで何度も見てきた雲海ですが今日が一番感動的だった。

「ヤッター!!やれば出来る!」 junさんが叫びます。私たち以外には誰もいない山頂です。
もう言葉は要りませんでした。
山頂、AM11:33  登山口出発から4時間半が経過していました。

三角点は祠の後を回り込み、一旦下り、もう一度登ったところにあるようです。
もう二度と来ないかも、行こう・・・こんもりと雪が積もったところをjunさんが掘り起こしてくれました。
ペンキで赤く塗られた三角点が顔を出します。思わず頬ずりしたくなりました、可愛い三角点(*^_^*)

遠くに小さく見える南アルプス、すぐ目の前には常念山脈。

手が届きそうな燕岳・・大天井に続くその稜線。

山頂で軽く食事して、沢山の写真を撮り、下山開始です。タイムリミットが過ぎているので急がなくては・・
登りながら、下りはさぞかし怖いだろうと思っていました。
junさんが念のためロープをザックにセットして下ることにします。
でも意外にも雪も安定していて、一度もロープは出さずに済みました。(写真は設置トラロープ)

不動滝の横を下り、何度か渡渉し、歩く、歩く。最後の広い沢でもうすぐ到着です。
やりました・・・PM2:38 トータル7時間50分くらい。結局、最後まで誰にも会う事はなかった。
しかしこんなにハードな山行になるとは・・・でも諦めず歩き続ければ必ず山頂に行く事ができる。
だからこそ、記憶に残る景色が美しいのです。
素晴らしい一日をありがとう、友と山に感謝です m(__)m