阿弥陀岳北稜

2010.3.28

2805m

南八ヶ岳

今週は山スキーに行きたかったけれど、初心者の自分が一人でスキーで行く所は限られてしまう。
行く先に困り迷っていたところ、M氏が初心者の方と阿弥陀岳北稜に行くことを思い出し連絡。
同行させていただくことにしました。

阿弥陀岳北稜は5年前の年末に行っています、あの日は初日がイイお天気で素晴らしい展望でした。
懐かしい・・・今日はここをリードで登ります、少し成長できたかなぁ。
参加者は冬バリ初めてのU氏とKOJIさん。私はKOJIさんとペアです、よろしくお願いします m(__)m
後で知ったのですが、彼は時々拝見していたブログの人でした。山の世界って狭い。

一般道のトレースから逸れて中岳沢へ入り、右の尾根に取り付きます。5年前はもう少し先から一気に
上り詰めるルートで、深い新雪でかなり厳しかったような記憶があります。
しかし本日は先行者のトレースがあり、楽をさせていただきました。雪も安定していて登りやすい。
第一岩稜が見えてきました、霧氷も美しい。

U氏もKOJIさんも冬バリ初心者とお聞きしていましたがそうとは思えない頑張りです。
ここまでかなりハイペースで来てしまいました。それに登りやすいコンディションでリードも楽でした。
第二岩稜までアッという間、そして先行者2組に追いつきます。しばらく岩の下で待機。

ここは終始展望が良いのでリードしていても大変気持ちがいいルートです。
U氏、頑張りの登攀です。あと一息〜〜頑張って!
次のテラスでまた順番待ち、KOJIさんに少し上に行ってもらい待機。その間に写真を撮ります。

こんなフェイスも慎重に丁寧に登れば大丈夫。でもリードは少し緊張します。
KOJIさんに全て託します(^_^;)
岩を登ると時のアイゼンの感覚が気持ちいいのです、これがあるので冬の岩をやっているようなもの・・
それを過ぎ雪壁をヒ〜コラ登りますとまた先行者に追いつく。

ナイフリッジを行くKOJIさん、手を振ってくれます。余裕ですね(^_-)-☆

ナイフリッジを行けばあとはコンテで頂上へ、4人でがっちり握手で終了。ありがとうございました♪
AM9:00 はやっ!頂上では先行者も休憩、私たちもここで暖かい飲み物を取り休憩します。
残念ながら青空はありませんが、赤岳〜横岳〜硫黄岳、蓼科山もしっかり見えます。

威風堂々の赤岳

南、中央アルプスも見えました。

横岳、大同心小同心のトンガリ

一般道を下るほうが怖いかも・・・最初の下りは後ろ向きに慎重に降りました。
ある程度下ると一安心。KOJIさん、一気に走って下ります、私もそれを追い行者小屋まで。
美濃戸に到着したのは、まだお昼前でした。みんなで顔を見合わせびっくり!頑張りましたね〜♪

振り返り見る赤岳。今日も一日楽しい登攀、リードができました。
ご一緒してくれた皆さんありがとう。
感謝 m(__)m