阿弥陀岳北西稜  2013年12月23日(日)

冬の八ヶ岳、大好きな季節になりました。この阿弥陀岳北西稜は以前からM氏と行きたいねと話して
いました。今年中に行けるチャンスが来るとは思っていなかったので、前日からド緊張です(笑)

早朝、美濃戸に入りしました。ヘッドライトを付け南沢をただひたすら歩きます。
樹林帯に入り、赤テープの下がった分岐を見つけました。新しいトレースがあります、先行者ありですね。
ここ2日ほどで積雪があった様子で柔らかい雪の急斜面を登ります。辛い登りです。
AM7:35 露岩帯に到着、ここでアイゼン、ハーネス等を付けました。右を巻き、さらに登ります。
見上げると北西稜の核心部が見えます。あれを登るんだ・・・

狭いリッジをつめ、先行者が登るのを待ちます。かなり・・・待ちました、風がないのが幸いです。
リッジの右側を巻くように進みます、最初はそれほど難しくはありません。
先行者は2名、そして私たち、そのあとをソロの男性が来ました。
様子が変なので声を掛けると 「迷い込んだ」とのこと。まさか????と耳を疑いました。
私たちのトレースを来てしまったのですね、それにしても何故?
ともかく下山を勧めましたm(__)m しばらく休憩して下山されたようでしたがその後が心配でした。

この上のリッジがかなり怖くて先行者も相当手間取っているようでした。
記録では草つきのフェースを登るとありますが、雪が少ないのでリッジ上を行くことになってしまいます。
アックスをアイゼンの前歯の感触が半年振りに蘇えってきます、これがいい。

振り返り下を見るとブルブル・・・ですね〜これを登ってきました。

硫黄岳や大同心、小同心もキレイに見えます、素晴らしい天気です。

3ピッチ目、左のバンド状をトラバースするのですが足元の雪が落ちると・・何もありません。
キレているではないか・・・慎重に進むと少し上にビレー点があります。

4ピッチ目、最後の核心です。これが記録などでA0とかアブミを使うところです。
最初は少し右へトラバース、一段上がるのがちょっとビビリました(笑)
そこから左写真の角ばった垂直の壁です。これがクセモノ(@_@;)
ヌンチャクを思い切り掴んで必死のパッチです、最後は斜めにかぶった岩で手が届かない。
腰が引けていると指摘され、グイと踏ん張ってガバを掴み、右の写真のように跨いで終了。
泣けました(^^ゞ

最後は簡単な雪稜を抜けると、摩利支天に到着です。以前中央稜から南稜を下ったときに通りました
摩利支天からあと少しで阿弥陀岳山頂です、この少しが辛かった(笑)

摩利支天から下を覗くと登ってきた北西稜が見えます

誰もいない山頂です、富士山が静かに迎えてくれました\(^o^)/

360度何も遮るものがない、全ての山が見えたんじゃないかと思うくらい

ありがとうございました、阿弥陀岳北西稜・・・登る事ができました

男前の赤岳です、また会えたね(*^_^*) 

あとは一気に下るだけ。大同心と小同心です、いつ見てもカッコエエ(*^^)v

行者小屋でハーネスを外します、仰ぎ見ると阿弥陀岳、右端が北西稜。


やっぱり想像以上にキツかったな・・・阿弥陀岳北西稜。
これはあと何度か登ってみたい。雪が少ない方が辛いのかな・・
ともかく今年中に登れて良かった、感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました m(__)m