賤ヶ岳〜行市山

2011.9.27(火)

421〜659.7m

江土登山口(9:53)〜大岩山〜首洗いの池(10:21)〜賤ヶ岳(10:54)(11:03)〜飯ノ浦切り通し(11:15)
〜大平良山(458m)(11:56)〜権現峠(380m)(12:19)〜秋葉山(389.7m)(12:33)〜林道池原文室線
へ(12:50)〜電波塔(12:58)〜文室山(534m)(13:28)〜林道池原小谷線(13:45)〜林道にて道迷い(^_^;)
〜集福寺越(440m)(14:38)〜行市山(659.7m)(15;09)(15:25)〜中谷山〜毛受の森(16:20)(16:34)
〜MTBで江土登山口まで戻る(16:46)

毛受の森近くにMTBをデポし、乎弥神社に向かう。登山口近くの駐車場に車を止め出発するも
携帯を忘れて戻る、ここで20分出遅れることになります。さい先が悪いこんな日は要注意です(^_^;)
鐘突き堂があり、登山道もかなり歩かれている道。

途中林道と交差しながらMTBでも走れそうな道を行きます。中川清秀の墓や首洗いの池にも
立ち寄りましたが・・・何となく怖い気がするので写真は載せないことにします(^^ゞ
山頂近くなるとそれなりに汗も出る道になります、散策している人にも会いました。

初めての賤ヶ岳山頂です、やったー(^^ゞ 標高は低いけれど展望もいいのでビックリしました。
ちょうどリフトで上がって来た観光客でいっぱい、賑やかな山頂です。
大きなカメラを三脚で・・・何かを狙っているのでしょうか、そんな人もいたりして驚き!

余呉湖、今日歩くところまで・・・遠い

琵琶湖、山本山方向

琵琶湖・藤ヶ崎〜西浅井方向

イヴちゃん

展望台の横から登山道は続きます、しばらくは下りです。ちょっと寂しい道・・・登り返して進みます。
ほどなく飯ノ浦切通しに到着、お地蔵さんがありました。新しい屋根の中におられますm(__)m
ここからは先週ジオンさんたちが歩かれています、でもあまり人が入っていないと思うので不安。

高速の車の音や木々の間から僅かに見える湖で現在地が分かります。
とりあえず稜線伝いに歩けばいいので大丈夫のはずですが、大きなヌタ場があり獣臭がしたり・・・嫌だ。
それに平らな広いところは少し迷いやすいので注意が必要です、GPSと地図で確認します。

涼やかな風が通り気持ちがいい

たくさんのアサギマダラに出会いました

笹が伸びて道がないところもありますがテープがあり、分かっていても有り難く、ホッとしました。
巨木もたくさんあり雰囲気はいい所、でも相変わらず獣臭がします。
権現峠に到着です、静か過ぎ(笑)

峠から10分ほど行くと赤い火の用心の看板があります。そこから林道に出れるようです。
が、今日は鉄塔の巡視路に従って進みます。すると火の用心から5分ほどで389.7mのピークへ。
あとで調べると、ここが秋葉山らしい・・・私の地図に山名は記載ナシ。

鉄塔を潜りさらに進むと突然林道に出ました。右の道を行くとYTCの杭がある所に行きます。
その先には階段があり、上に行くと電波塔があります。それを登ります。

この時間(PM1:00ごろ)気温はどんどん上がってきて超暑い!!ここの階段が一番しんどかった!
展望はヨシ\(^o^)/ですが暑いのですぐに奥へ・・・

しばらくは細い灌木の道ですがそのうちに荒れた植林地帯に入ります。
このあたりは少し気持ちが悪いところです・・・熊も居そうだし、道もあまり歩かれていません。
途中までは赤いテープやピンクのテープもありますが、笹が覆いかぶさってくるとわからなくなります。
右方向に進むと赤テープ発見、やはりホッとしました。

鉄塔を過ぎると分岐があります、赤テープがあり???よく分かりません。
とりあえず道なりに進みます、すると三角点。YTCの杭に「文室山534m」とあります。
GPSと地図で確認しますが、行市山方向がわからなくなります。どっちへ行けばいいの???(^_^;)
少し動揺します、何度も方向確認してみると、どうやら先ほどの赤テープが正解のようです。

どこかで人の気配がしますがわかりません。
背丈ほどの笹が刈られた道を進みます、大きな倒木を跨ぎ奥へ・・・するといきなり道がなくなります。
戻ります。しかし他に道はありません、やはり進みます。
下を覗くと林道が見えました、車が一台止まっています(ギョッ) 蝶々を調べている人のようでした・・・

しかしここから登山道がありません、木々の隙間から林道に降ります。
さて、林道を10分ほど歩いてみましたが不安になり、やはり戻ります。
先ほど林道に下りた笹薮にもう一度突入。倒木の所に戻り、さらに戻ります・・・でもやはり道はない。
これで時間は30分以上もロスしたと思います。
仕方ありません、また林道に降ります。林道ならどこかに出るはずですから、それを行ってみましょう。

見上げると歩けば良さげなブナ林があり、あそこに登山道があるのかしら・・・とまたヤブに突入。
しかし奥には行けそうにありません。さらに林道を下ります、だいぶ・・・下りました。
すると、急に見覚えのある高島トレイルの熊ちゃん標識がありました。これはこれはビックリです。
・・・・この時点ではまだわかっていない私。でもとりあえずここを登れば行市山に行けるんだ(笑)

だいぶ疲れてきましたが、時間が迫ってきたので休まず歩きます。YTCの杭があり・・・
やっとこさで、行市山山頂です。はぁ〜〜〜遠かった!っていうか、林道ってややこしい。
高時山もそうでしたが、林道で道迷いしてしまいます。

ま・・・とりあえず山頂展望をたのしみましょう♪

ほどよく融けたゼリーで乾杯(*^^)v

山頂をあとにします、時間が迫り急ぎ足・・・途中見所もあるのですが今回は全てあっさり通り過ぎます。
また林道に出たりするのでドキドキです、とにかく登山道が安心です(^_^;) もう林道嫌いになりそうです。

下りで膝に違和感を感じたので休憩しました。相当疲れたか・・・
毛受の森に到着の時は、日が傾き始めていました。喜び過ぎて写真撮るの忘れた(^^ゞ
チャリを回収、ストックをザックにくくり、2ヶ月以上ぶりにMTBに跨ります(ヒャッホ〜〜)
江土登山口の駐車場までは少しの時間ですが、田園風景を楽しみながら走れました。


余呉トレイルを歩くにあたり、トレイルからは外れますがやはり賤ヶ岳は歩いておかねば・・・と思いました。
数年来、ずっと行くに行けなかった賤ヶ岳に登るチャンスとなったわけです♪
飯ノ浦からは、少し前にジオンさんたちが歩かれていたので大丈夫そう。
地図を見て、江土登山口から始めれば余呉湖をぐるり一周するように歩ける。
結果、未整備のところがあったり、林道との交差に戸惑ったりもしました。
でも無事に歩き通せて良かったです。
感謝 m(__)m